これが本当に"世界樹"なのか
シナリオクリア済み、
前作は図鑑コンプリートは投げましたがそれ以外一通りプレイ済みです。

賛否の別れる新シリーズやⅤもこれはこれとして楽しんできた一世界樹ファンですが、
今回ばかりは腹に据えかねる出来でした。

あくまで私がこれまでの世界樹で重視してきたものが、
今作では悉く踏みにじられたがゆえの個人的な評価ですので、

普通に遊べるゲームを探していらっしゃる方には大した検討材料になりません。
読み流すなり無視して下さって結構です。


ローグライクとしては前作で問題のあった仲間のAIの挙動やドロップのシビアさに手が入り、
幾らか遊びやすくなったと思います。

お宝フロアを始めとした新たなフロアの導入や結晶フロアの駆け引きなど、
探索にメリハリが付いたのは好印象です。

もっとも前作の出来に比べればという話であり、
装備を弾き飛ばす敵や遠距離攻撃をしてくる敵の射線上に馬鹿正直に突っ込む仲間や、

サブクラスとの兼ね合いを考えていない職業ごとのバランス調整など、
まだまだ詰めの甘い部分も見受けられます。

とはいえ破綻している訳ではなく相応に遊べる出来であり、
この点に関しては順当に進歩したと言ってもいいでしょう。

この点に関しては。


今作において私が酷く憤慨した理由は世界樹シリーズとは思えぬ稚拙なシナリオ、
キャラクター、
テキスト。

そして随所から感じられる怠慢で杜撰なゲーム作りの姿勢に他なりません。

新シリーズもⅤもこれまでとは方向性が違うというだけで、
世界樹としての水準には達している内容だと満足していましたが今作は別です。

従来の作品、
前作ですら感じられたファンに喜んでもらおう、
良いゲームを作ろうという気概さえこの作品では読み取れませんでした。


私は世界樹シリーズの、
プレイヤーそれぞれが独自の世界を展開してそこに浸るという楽しみ方を大変に気に入っています。

そしてその楽しみの基盤となるのがきちんとした舞台の構築、
丁寧で良質なテキスト、
魅力的なキャラクター達です。

重厚なゲームに加えてそれらの要素を兼ね備えた世界樹の迷宮を、
10周年に至る今日までずっと追いかけてきました。
世界樹と不思議のダンジョン2

その他の感想

きれいに洗えます
「アスタコ」を知るのに最適な一冊
東京の面白いイベントがまとめられた、ありそでなかった本
「ゆっくり」という名の寓話。観る人を選ぶが傑作。
ごくマジメなUMA探索の旅。
香りはいいけど、髪がギシギシします。
学生以外にも読んでほしい
肌透明感
ゴムブレス以外は素敵!
電源スイッチ
とても美味しいです。
IN と OUT 逆だーー!
元気レシピ
作品自体はもちろん、特典も嬉しい仕様です。
Another ”SINGLE’s” Selecton
0.25専用です。
A masterpiece of geniality!
幼児には十分な保湿が必要である。
安価で効果満点
初心者にも、ベテランにも、仏教に関心のある全ての人に役に立つ。
詰め替え用より安いはじめてセット
ダウンロードボタンが無い!!
お米の中に
どこまで描くか
pink
成功
青い空、白い球
よく磨ける。
MacBookPro13インチ(late2016・タッチバー無し)用にサイズSurface pro3/4購入
見た目はよいけれど、、
戻る