格闘トーナメントのエンディングが驚愕
主人公のさいたまが武術を体験するために格闘トーナメントへ参加するのですが、
その格闘トーナメントのエンディングがこの巻かと思われます。
(格闘トーナメントの優勝者は前巻で决定していますが、
広い意味で本巻が格闘トーナメントの終焉と言えます)

ワンパンマンは、
これまで小さなストーリー(強敵が現れ、
そいつを倒すまでの流れ)の積み重ねで来ている訳ですが、
その強敵がいかに強いかを、
けっこう強い脇役が盛り上げてくれ、
最後にさいたまが一撃で倒すという流れですが、
今回も同じパターンです。

でも、
そんなパターンが分かっているのに楽しいのは、
ワンパンチで強敵を倒した時の爽快感にあると思います。


ワンパンマンの単行本をこれまで読んできて、
震えるほどの爽快感は5回ほどありましたが、
本巻はその5回のうちの1回が含まれています。

何度も読み返してしまいました。


また、
強敵をワンパンチで倒した後で巻末にちゃんとオチも付いているのが良かったです。
ワンパンマン 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

その他の感想

海を見ていた犬と猫
値上げが…
意外と楽しい!
注意 付属品は・・。
コスパがとても良いです
爆釣!
安価で、軽くて使い易い、組み立ても簡単。両サイド 空ハンガー掛けられので便利。
コミューターシリーズ最高!!
0.5mmでは厚すぎたようです
大人かわいい
一番好きな 猫カレンダー
対応が早かった!
インナーイヤー第2世代
中学生に大人気
ある程度、基礎を押さえた方向けかもしれません
安物か
また作ってほしいです
初期不良にあたったら
多彩にして奇才。画狂人北斎の変幻自在な描写力
絶対に最後まで聴き通したくなるアルバム
使用での劣化が早い
登山用には良いですよ
もう、あまりこだわらない。
ギシギシ鳴る。
小型、軽量でもパフォーマンス良好。
それほどでもない内容
焼酎って、おいしいの?と思っている方へ、おすすめ。
自作カッティングに最適
コンパクトサイズでカラフル
安いので仕方ないのですが
戻る