執念で完成に漕ぎ着けた ライフワークとも言える作品
キリシタン弾圧が20年以上続く江戸時代初期の日本に、
命がけで潜入した二人のポルトガル人
宣教師が見た地獄絵図を描いた遠藤周作の「沈黙」が、
「タクシー・ドライバー」「レイジング・ブル」の
名匠マーティン・スコセッシにより映画化されました。

遠藤周作と同じくカトリックの家庭で育ったスコセッシは、
「私と宗教との関りはとても深かった。

子供の時に浸っていたローマカトリック教の精神性は、
いまだに私の基盤となっている。
」と
インタビューで答えているように、
28年前にカトリック大司教ポール・マルチンクスからプレゼントされた
「沈黙」を読んで強い衝撃を受け、
その日以来映画化に奔走していただけに、
執念で完成に漕ぎ着けた
ライフワークとも言える作品です。

「沈黙」は、
1971年に篠田正浩監督によって映画化されていますが、
独自の解釈で脚色された
冷徹なラストシーン(原作者の遠藤周作から「カットしてくれ」と注文されたが、
我を通して完成)や
キャスティング(ロドリゴとカルぺ司祭役が無名の大根役者、
フェレイラ教父役が日本人の丹波哲郎、

キチジロー役のマコ岩松が小奇麗で狡猾さに欠ける等)に違和感を覚えて、
もうひとつ感情移入
出来ませんでしたが、
スコセッシ版はハリウッドの実力俳優を配し、
日本人役も日本の役者の好演も
あって、
外国映画にありがちな不自然な日本の風景や人々の姿はなく、
キチジローは襤褸を纏って
薄汚く臆病で、
貧苦に耐える隠れキリスタン農民たちの悲惨な生活に、
追い打ちをかけるような拷問の恐怖、

キリスト教と日本的な宗教との対立、
神の沈黙に対するロドリゴの苦悩と葛藤等が篠田版より
30分長い2時間40分に広げられたことで、
より原作に近い形で映画化されています。

 長崎で見た摩滅した踏み絵に黒く残されていた信者の足指の跡が心から離れず、
「沈黙」の執筆に
とりかかった遠藤周作は、
「自分は彼等を裏切ってもあの人を決して裏切ってはいない」とロドリゴの
心の声を文にしているように、
キリシタンたちの悲劇は神ではなく司祭(教会と言う権威の介在)の
沈黙-サイレンス- [Blu-ray]

その他の感想

自由雲台や一脚なら小さくて便利です。
起業に対するイメージが見えてきました。
商品開発の努力を垣間見ることができたような気がします
かわいいっ☆
このくらいの値段が標準になってほしい
文字化け?
様々な歴史観を統合する1冊
手軽さとコスパのバランスが良い
「時感語」に気がつき「一日風流人」になれる
現実的で安心できる
関東では見れない映像です
曲名
買って良かった(^o^)
本当は星5個です!
コンサル開業において具体的で実行できるノウハウ集 仕事を軌道に乗せる参考になる
実用性はバツグンですが・・・
自分史上最高のコンパクトインフレーター。
ペンとおそろい
Officeソフトとしてはお買い得
普段は紙で購入してますが
老いるということ
リバーシブルでは着れません。
ひとつひとつの命の想いがつまった曲です。
イラストは良しです
これで新品?!
事件報道のトリック
やっぱり新品は切れ味がいい
包まれ感が心地よい
これ、いいですね!
いつも携帯している方、空港で注意!
戻る