オリンピックの聖火リレーはドイツから
予告編をチラッと見た時から面白そう。
ヒトラーさんの役者さんすごく似てる。
と興味が
ありましたが、
本編もなかなか良かったです。


動画サイトで総統閣下として知って、
少し当時のドイツを調べましたが大不況の欧州で
アウトバーンなどで景気対策し、
労働者への賃金への配慮で経済大国に建て直したり…
大きい会社には社員食堂や医務室、
風呂場の設置義務。
労働者の夏休み、
海外旅行に安く行けたり

無料ラジオ、
車の普及(フォルクス・ワーゲン) アスベストの公害対策を進めたり
子育て的にも結婚資金貸付法、
ミルクや毛布の無料配布。
託児所も数多く設置されてますし
相談や援助も。
衛生と健康(食物や飲み物の人工着色剤や防腐剤等)にも先進的に取り組み…
幼児死亡率は大幅に低下させ。
動物保護自然保護法も制定などなど、

あ、
レストランや公共の場での喫煙を禁止してますね~

悪い方向では生体実験もありますが、
のちに医学の進化にもなってます。
ロケット技術も

たたえる訳でもないのですが、
当時のドイツの人々が暴力で脅され戦争をしたのでなく
これらの実績でヒトラーやナチスの政治手腕を信じて支持したのも無理もないでしょう。

独裁者、
非道な殺戮者という戦後のレッテルであまり知られてない面も併せて
このヒトラー映画を見るとさらに良いかも。


劇中のエピソードも実際のナチスやヒトラーの行動をもとに作られますね。


◆冒頭の婦人に撃退スフレ―をかけられる→戦場で毒ガスで目をやられた。

◆この珈琲に誰が責任を持つ? → 当時ドイツの衛生や健康対策
◆テレビで人気になるも、
バッシングで失脚→政治クーデータの失敗
◆撮影後にテロ組織からの暴力で入院 → 国会議事堂の焼き討ち事件
これは共産主義の犯行とされ一気にナチスが躍進した事案ですが、
一説には
ナチスの自演であると。
つまりわざと殴られ人気へ転換した疑惑

ヒトラーは映画やイベントで人々の共感と支持を得る手法をうまく使いましたが
帰ってきたヒトラー(吹替版)

その他の感想

「相対性理論って、どんなん?」
バカにしていた自分がバカだった。
パソコンがない人向けの実況録画機
たまげた!!
Uplayでダウンロード
主体的な学びを導くために
都心マンションの投資・購入・売却・賃貸をお考えの方にとって、とても参考になる一冊です!!
ファンが可哀想。
自分で出来る!
写真も欲しいところ。
iPhone6の収納に困るユーザーに最適な製品だと思います。
最低のベアリング
我”死”を極めたり
頑張れそうです
お勧めの登山用ソックスです
安くて最低限オッケー
全16ポーズ試してみました(^ ^)
造りはしっかりしてるが・・・
中盤一切ダレません。むしろクオリティ上がってる。
サイズも値段もチョウドイイ
2013年のを持ってない人にはいい内容です
mon
メダカ・ミナミヌマエビ用に・・・
そうめん・冷麺に最適
今更ですが、とてもいい
ヨネックスと同等です
貼り直しもできて、綺麗に貼れる
「音声CDが残念」に同感
厚みのある作りで しっかりしてます
子供部屋用に買い増しです。
戻る