敗戦の経験が無かったので、戦争に負けたらどうなるかの想像がつかなかった
国際連盟脱退、
日独伊三国同盟、
日米交渉、
と選択を誤り続けたのか、
に絞って戦争への道を一次資料を辿りながら検証しています。
その都度、
昭和天皇は、
大丈夫なのかと疑問を呈し続けていましたが、
政府・軍部は、
満州国支配形態・インドシナ確保・国内極右勢力の跋扈と目先のことに捉われます。
新しい歴史資料が見つかれば、
また違う見方も出てくるのだと思いますが、
全般的に納得性は高いです。


登場してくる人物は皆さん優秀な人達なのでしょうが、
何か欠けている気がします。
おそらく、
日清、
日露、
第一次世界大戦と敗戦の経験が無かったので、
戦争に負けたらどうなるかの想像がつかなかった為、
小さな事に拘り、
最適解だと信じて選択をしますが、
日本=不敗という想いが強すぎたのではと思います。
負けたら、
どうなるかというシミュレーションもなかったんだと思います。


また、
第一次世界大戦に直接参戦していなかったのも大きかったと感じました。
近代戦は、
兵員と武器・弾薬の消耗戦であり、
強力な兵站能力が要求され、
結局は経済力の勝負であり、
その結果は多くの犠牲者と荒廃した国土になる事が実感できていなかったのでしょう。
もし正確に理解していたら、
当時GNPで12倍の米国と戦争する判断は最初から無かったのだと思います。


1941年4月にチャーチル首相が松岡外相に宛てた手紙に書かれた現状分析の内容が印象に残ります。
日本の指導部は視野の広さと読みの深さでも劣っていたのだと痛感させられました。
戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗

その他の感想

う~ん・・・・
カッコ良く着れそうです!
シリーズの分岐点となった作品
Withings Pulse/O2の保護カバーとして最適
ちゅうい
おばさんでもキュンとしたよ
肩コリから開放
今回の特集のスマホバブルからは逸脱している記事が多かった
デザインは良いですが、非常につけづらい。
着圧はいい感じなのだけど
京大受験者におすすめ
大満足です!
最初はかなり硬いです
製品として非常に良好
表紙の絵柄を見て「自分にピッタリ!」と思えるなら、買い。
仮想通貨の本質を理解できる本
Nゲージ鉄道模型にも使えそうです。
デジタルコードの購入なのになぜか時間がかかる
感激
甲の横がやや狭い。
AIとロボットの普及を時間軸を含めて考察した卓見です
実際にあった三和銀行女子社員による巨額横領事件を思い起こさせる
実物の方がかわいいです♪
たっぷり作れて、マイルドからストロングまで選べるアロマセレクター機能付き。夏は特に便利
エロ重視でもシナリオ重視でも楽しめる
正に汎用品
値段に比べたら使い勝手が良い
高いけど効きます
使いやすく、音もよく聞こえ、耳が痛くなりにくい
写真どおりの出来、満足しています
戻る