向田邦子は、往生際の悪い悪女だったのか
久しぶりに向田邦子の世界に浸りたくなって、
最後のエッセイ集『夜中の薔薇』(向田邦子著、
講談社文庫)を手にしました。


「手袋をさがす」は、
短いながらも自叙伝の趣があります。


「私は子供の頃から、
ぜいたくで虚栄心が強い子供でした。
いいもの好きで、
ないものねだりのところもありました。
ほどほどで満足するということがなく、
もっと探せば、
もっといいものが手に入るのではないか、
とキョロキョロしているところがありました。
玩具でもセーターでも、
数は少なくてもいいから、
いいものをとねだって、
子供のくせに生意気をいう、
と大人たちのひんしゅくを買ったのも憶えています。
おまけに、
子供のくせに、
自分のそういう高のぞみを、
ひそかに自慢するところがあって――ひとくちにいえば鼻持ちならない嫌な子供だったと思います」。


「自分に何ほどの才能も魅力もないのに、
もっともっと上を見て、
『感謝』とか『平安』を知らないこの性格は、
まず結婚してもうまくゆかないだろうな、
と思いました」。


「しかし、
結局のところ私は、
このままゆこう。
そう決めたのです。
ないものねだりの高のぞみが私のイヤな性格なら、
とことん、
そのイヤなところとつきあってみよう。
そう決めたのです。
二つ三つの頃からはたちを過ぎるその当時まで、
親や先生たちにも注意され、
多少は自分でも変えようとしてみたにもかかわらず変らないのは、
それこそ死に至る病ではないだろうか」。


「四十を半ば過ぎたというのに結婚もせず、
テレビドラマ作家という安定性のない虚業についている私です。
しかも、
今なお、
これでよし、
という満足はなく、
もっとどこかに面白いことがあるんじゃないだろうか、
私には、
もっと別の、
なにかがあるのではないだろうか、
と、
あきらめ悪くジタバタしているのですから」。


向田の凄さがよく分かるエッセイです。
自分の短所を的確に認識していること。
その短所を矯めようとせず、
世間の常識に妥協せず生きていこうと決意し、
ぶれることなく邁進していること。
それらを彼女特有の筆遣いで表現し続けていること。
新装版 夜中の薔薇 (講談社文庫)

その他の感想

この機能で十分かな
前作の不満が一気に解消された
ゴリラナビ用です
主に小物用
今まで、食わず嫌いでした。。。
私のツボ
削り・・・
定番になりつつある
使い始めて2週間で壊れた
とてもいいね
カルト宗教との違いは?(2015/4/16コメント追加しました)
綺麗〜!
イカ釣りファン必見
あまりわからなかった
中のユニットだけ買えたら最高
妊娠初期のニオイ対策に
まずまず良い感じ
殺人事件と安楽死事件の結び付きが弱い
半年で膨らんでしまいました。
ドランクモンキーの復活
新装版の表紙絵もついて充実
さすがの一冊!!
麗筆、
彼女に褒められました^^
あとは値段ですね
フルマラソンにて使用
とてもキレイな花瓶です。
使いにくい、お薦めできません
気軽に使える自動巻き
誠実に働く人達が報われる社会システムにしたい
戻る