生きるとはどういうことか
戦争の大きなうねりに二十代からの三十年を捧げ、

常に死と向かい合わせに極限状態を生きた男の記録。

任務解除命令が届かない中「お国のため」を信じて活動を続けてきた。

帰国後、
一部では「軍国主義」などと言われたというが、

この人が真摯に誠実に行動を続けてきたことに疑いの余地はない。

それは目の前で仲間に死なれ、
死に水もとってやれなかったという
無念さに支えられている。

ジャングルの自然を相手に生き抜く様子を知るだけでも興味深い。

添えられた数々の写真、
特につぎはぎだらけで改造された服には
感慨深いものがある。

著者の言葉を引用する。

戦前、
人々は「命を惜しむな」と教えられ、
死を覚悟して生きた。

戦後、
日本人は「命を惜しまなければいけない」時代になった。

何か命がけでやることを否定してしまった。

覚悟をしないで生きられる時代は、
いい時代である。

だが死を意識しないことで、

「生きる」ことをおろそかにしてしまってはいないだろうか。
たった一人の30年戦争

その他の感想

この値段ならいい
自分のソフトと比較して
フーバー著『裏切られた自由』の邦訳者である著者・渡辺惣樹氏による、優れたガイド本にして、分析本です
3本セットが欲しい
ミンチをお勧めします
バネが弱い、
第19話の功績も大きい
あの衝撃の映像体験を高画質で!
企業の在り方の変革期
ウレタン塗料は、剥がれない
キス竿
【良品!】ギタリスト以外にもオススメ!
学校の教科書
長年、ジャズ・ファンを続けていると倦怠期に入る事もありますが、久々に興味が増しました。
こんなの待ってた
期待していたほどではなかった
大きいですがよいです
水の使用量が減る=洗濯時間も短縮。
見た目は最高 
買って良かったなぁ と思います。
男泣き
日本の都市論の大きなパラダイム転換を実感できる
パンパースと比べて
思ったよりも水圧が低いかも・・・。
この値段の差は?
何か空虚な。
悪徳セーラー
2014年わたし的ベスト雑誌女性誌部門
一つの形のユニットで
フルメタ好きなら買って損なし
戻る