ブライアン・デ・パルマの変態美学が冴える官能クライム・サスペンス。
本作は、
フレンチ・ノワールの名手アラン・コルノー監督の遺作となった犯罪サスペンス映画(2010年作)のリメイク作品である(2012年作)。


オリジナルはシンプルで過激な描写(官能描写)や度肝を抜く場面展開は特にない。
が、
女性が社会的に圧倒的優位に立つ時、
化粧や服装、
言動、
歩き方まで変化する瞬間を劇的、
且つ魅惑的に捉えたサスペンス・ドラマとして見応えのある作品に仕上がっていた。


撮影当時72歳のデ・パルマによる今作(リメイク)は、
どうなのか。
不安を抱えながら観賞した結果。
明白な答えが出たのである。

単刀直入に言えば、
ストーリーは殆ど同じなのだが、
作風が異なっていたのである。


詰り、
フェティシズム、
長回し、
スプリット・スクリーン、
客観的なカメラワークなど、
デパルマ十八番の演出効果が炸裂する作品なのだ。

スマホや監視カメラの映像を効果的に使っているところは今風の映画である。


万人向けとは言えないが、
デ・パルマの同系統のサスペンス・スリラー「殺しのドレス」(80)や「ミッドナイトクロス」(81)、
「ボディ・ダブル」(84)等が好みの人ならば、
お勧め出来る作品だと思う。
音楽も勿論、
ピノ・ドナッジオが担当している。
パッション Blu-ray

その他の感想

いくらなんでも容易に壊れすぎです。
すごいの一言です。
とっても いい色です。
噂に惑わされないで!
ヘルシー料理(^o^)
丈夫なところがいいかな。
チビッ子に
アンプ機能のみのボードという感じです。
頑張っています
みずみずしい使用感、香りもさわやか
プロの仕事。
また裸フラッシュはなかったよ・・・
視認性抜群で軽量。気に入りました。
すばらしい名著
良いお買い物
大好きな台詞を原文で味わえる幸せ
現代数論入門の良著
誰もこの洗脳師には抗えない。
とっても楽しく使えるケースです。
最早古いが内容は濃い
日本を愛する二氏による啓蒙の書。
マケプレ価格?
脆さとムラがある
どちらかといえば経験者向け
たいして・・・
研修医からベテランまで
ターニングポイントになった重要巻
内面的な官能小説
すべての魅力が♪
トレイル用
戻る