アウンサン・スーチーさんの半生を綴った伝記
アウンサン・スーチーの母は政府で働いていて、
とても厳格な人だった。
例えば、
紅茶とビスケットがおやつに出た時、
他の子供はビズケットを紅茶に漬けて食べたが、
スーチーにはそれが許されなかった。
食事中、
常に姿勢を正しているようにもしつけられた。


スーチーは勉強がよくできた。
特に、
語学が得意だったという。
頑固で、
善悪に対してこだわりがあったらしい。


趣味は読書。
小さい時の夢は父のように将軍になることだった。
しかし、
そのころは女性は軍隊には入れなかったので、
彼女の夢は「作家になること」に変わった。


そのうち、
母がインド大使に任命され、
一家はインドに移住する。
そこでスーチーはインドのトップ大学の一つに入学し、
政治学を学ぶ。
そこから、
オックスフォード大学に入り、
哲学と経済を学んだ。
オックスフォード時代に、
その後夫になるマイケルと出会い、
1日で恋に落ちた。


その後、
スーチーはニューヨークの国連で仕事をするようになる。
仕事は退屈だったが、
組織とはどのようなものか知ることができた。


それから、
マイケルと結婚し、
研究のために来日したり、
ロンドン大の大学院生になったりもする。
その時、
母が危篤になってミャンマーに戻り、
国民民主連盟(NLD)を結成し、
政治的活動を始めるのだ。


死をも恐れず、
ミャンマーの民主化へと行動し続ける彼女の姿勢には感銘を受けた。
やはり、
信念や信仰を持っている人は強い。
そんなことを実感させられた。
アウンサンスーチー・ストーリー The Aung San Suu Kyi Story (ラダーシリーズ Level 4)

その他の感想

早速大活躍しています
別の本と間違わないように注意!
光らないし鳴らないけど…
優しく深みのあるショパン
価格は若干高めだが、商品的には問題なし
シンプルなのにマネできないかわいさ。
感じるものもある
箱タイプだとだんだん飲みづらくなるんですが
グループから個へ向かう1年
あんまり
誤訳、ごまかし、ずれ
分かり易く面白い村山斉氏の宇宙論。何を読むか?どの順番で読むか?選択肢は色々あり
Lにしようか、LLにしようか悩みました.
色とカタチがステキ!
この本だけでも楽しめるような作り
さすがの美味しさ!
第1版と比較
まあまあ満足
ほのかに香る上品な香り
良いランニング用ソックス
OM-Dを使い尽くす
お買い得!耳から楽しむ Frog and Toad
純正トナーでプリンタ本体5年保証。
ハンナ・アーレント
タブーに切り込む犯罪学。ロンブローゾは復権するか。
なかなか満足度が高い製品です。
紙には勝てないですね。
役に立ってます。
ぐっちょぶ
食玩とは思えない完成度
戻る