二度読んでもおもしろい、しかし
著者は工学系の下地があり、
幕末明治初年の技術史から見た近代化の一面をよくデッサンしたフィクションとなっている。
佐賀のからくり儀右衛門とお雇い外国人ブラントンにそれぞれ日本とイギリスの技術思想を対比させ、
特徴や違いを浮き彫りにしているのが絶妙。

 先行出版の『ライツオン』には解説が付いていなかったが、
日本の灯台技術顧問と出雲日御碕灯台の設計者の二ヶ所に事実誤認があるのは残念。
文明開化 灯台一直線!: 明治灯台プロジェクト (ちくま文庫)

その他の感想

ノイズさえ無ければ☆5。
ないわー。
想像してたよりずっと良かった
背筋の通った、貴重な学者でいらしたのだと思います。
3年のベビーカーの進歩を感じる
飛び道具には基本が大事
おなじみのチームが…
お洒落だけれどレシピがほんの少しで残念
カナさんの歌が全部DAM入って欲しいです。
尾崎一貴
いちおう男性ですけど…
気むずかしくないモカポット
初心者には十分納得
一見メガライダーだが・・・
高伸縮性
喉をすぐ痛めてしまう方などオススメ。
【惜しい】決定ボタンが押しにくい!
ソフトウェア面が駄目かも
スカーペッタ最後の輝き
我流通信
購入前に知っておくとよい3つのこと
戦闘詳報と生存者・関係者証言と米側資料のドキュメンタリー。
飲みやすくて気に入っています
状態
タブレットに触れたことのないお子さんにオススメ
TigerScotty
朝日と岩波はセットである
シンプルで素敵です。
村上春樹氏の源流が分かる一冊
毎日必ず使うモノだから
戻る