疑問が残る良書
医学とは、
科学とは、
そして仮説とは何かを考えさせられる本である。
疑問を残してこそ科学であろう。

たとえば病理学徒である私には、
たったひとりの教授の個人的見解をもってして医学界を代表させている記述に疑問が残る。
しかし全編を貫く「疫学こそが科学である」という論旨に、
ワインバーグ「科学の発見」(物理学こそが科学の本流であり、
他は傍流であるという理論物理学者至上主義者の本として私は読んだ)を想起した。
医学の中で疫学が誤解されてきた、
その誤解を解こうという情熱から記述されたと思われる記述があちこちで目に付くが、
成功しているかどうかは、
お読みになって個々人で評価していただきたい。
医学と仮説――原因と結果の科学を考える (岩波科学ライブラリー)

その他の感想

B級大作というジャンル
初期不良あり
良いです。 2Tモデルでも問題有りません。
履き心地が良い!
局を指定できる強み
たまたま見かけたタイムサービスでさらにお安く購入できました。
早速車に、取り付けました
セール特価1815
わくわくしながら
大きいDSが一回り大きく
こんなものを待っていた!
地方再生の先駆け?
画像に注意
洗剤つかわずにピッカピカ(’∀`)
去年のヤツに比べれば
これがかの有名な善光寺商法?
クーハン
プールに最適
思い出アルバム
妹用に
結構使えそう
本当にスムース
消臭効果が高い
向上心なし
カンナが本格的に絡む
蒋介石日記の重要性
王冠が可愛かった。
う〜んいまいち
読んでも食べたくならない
子どもの学校の宿題で
戻る