心底堪能したクラシック音楽映画の名作
最初から最後まで大満足の内容だった。
主演のホセ・ファン・ダムは、
これまでバリトン歌手の一人としての認識しかなかったが、
こんなにカッコイイ男とは思わなかった。
また、
クラシックの名曲が実に見事にドラマを彩る。

特にマーラーの「大地の歌」の第3楽章がとても効果的に(練習風景でも歌われる)使われている。
BGMとして同じマーラーの交響曲第4番のアダージョがぴったりマッチしているし、
他にもシューマン・シューベルト(「楽に寄す」には思わず胸が熱くなる)・ヴェルディ・オッフェンバック・モーツァルト(ドンジョヴァンニの「お手をどうぞ」を馬車に揺られて二人が歌うところなんか最高に素晴らしい)等がドラマの流れに重要な役目をもって歌われる。
弟子たちの声楽レッスン風景も興味深い。
ほろ苦いロマンスあり、
スリル満点のコンクールありで大満足の映画だった。
仮面の中のアリア [DVD]

その他の感想

液晶保護シート
補給食に
OUTDOORはとっても小さい
そそります
バッテリーが充電器にハマらない
ふなっしー
ジュエリーボックス
ちょっと違って残念
アマチュア間の裏戦法を体系化
アマぞネス余れば
日東駒専や産近甲龍の聖書
街乗りにはやっぱり便利
子供のクロスバイク用に
感動と反省
出番が多くて速攻で使い切ってしまうくらい可愛いのです。
これは楽ちん
もっと早くに出合いたかったダイエット法
デザインはよし、しかし耐久性に難あり
振動だけでは起きることは難しいです
テーブルの足が弱すぎ
少量には向かない
最近は、この味醂に嵌る♪
iwakiの
いずれ無くなるのでしょうね
買い替えには
19世紀フランス文学の最高傑作
やや大きめを想定して買って正解
Not his best
わかりやすく要約された金枝編
おもちゃのような印象
戻る