通読してよくわかった
岩波の、
この入門シリーズ1期2期ともに通読しました。
ヨーロッパの全てが解る訳ではありませんが、
例えば「冷戦」という看板を目にしても、
決して一つの品物だけが売られているのではないということ、
研究者の見解・視野そして問題点への重点の置き方によって品物はいくらでもあるし、
それぞれ違った味がするということ(一寸比喩が下手で申し訳ありませんが)、
その点がよく解りました。
但し、
個人的には例えば「ゲルマンの部族時代」や「カロリングルネサンス」(つまりヨーロッパ文明の草創期)、
さらには「学校制度」なども取り上げてあったら面白かったのになと思いました。
冷戦 1945‐1991 (ヨーロッパ史入門)

その他の感想

早い対応でしたが・・・
きいろで良かった
傑作。
高いけどうまい
愛用中
運動靴のレビュー
柄が長くて、とても機能的!
1.2MB-FDの読込不可は10枚中1枚のみ
製品の良さ
iPhoneメインならコスパ最高!
再チャレンジでほぼ満足な出来映えになりました。
サイドライヤー
個々の女性の生き方ではなく
good pictures!
涙が出そうになった
生物の驚異を実感したい方ー、買うべし
打ちやすいそば粉でした。
両サイドに縫い目が無い! 伸縮性抜群でフィット感のいい、サラサラした肌触りの快適ウェアです! …がサイズ選びには注意です
出来、不出来を気にせずに続けようと思っています。
情報過多の今だからこそ
絶対買い!!(^v^)
回転モップの欠陥
フツーに面白かった。
品質そのものは良い。
昨今の3代目オジサン byペコ太郎
絵本作家さんを知ることができる
見にくい^^;
活躍しました!
はじめての人はこの本を信じてはいけない。
可愛いのにな。
戻る