フリー・ジャズ感覚のブンガク論。
 「これはいわゆる教科書でもなければ何なに読本の類いでもない。
ふざけたタイトルからもわかるように、
単なるエッセイだ。
老人が囲炉裏端で昔話を交えて語る繰り言と思って気楽に読んでいただきたい。

 と、
著者自身が序言で述べているとおり、
すらすら読める一冊だ。
たしかに「教科書」でもないし、
「ツツイ流創作読本」というほどでもない。
よくいえば融通無碍。
悪くいえば……まあ、
「繰り言」とまでは思わないけれど、
功成り名遂げた老大家が余裕たっぷりでブンガク好きの若い衆に向かって語る文芸放談といったところか。
フリー・ジャズですな。

 プロ志望の文学青年が、
筒井康隆による本格的な小説論を読みたいなら、
『ダンヌンツィオに夢中』『悪と異端者』、
そして何より『小説のゆくえ』(いずれも中公文庫)を手に取るべきだろう。

 「序言」をふくめて32の章が立てられているが、
のっけから「凄味」「色気」である。
「迫力」「電話」、
はては「薬物」なんてのもある。
むろん、
「展開」「文体」「会話」「視点」「細部」といった真っ当(?)なものが大半で、
あれこれ実例をあげて説明されているけれど、
いずれもどっぷりツツイ色に染まって、
やはり「教科書」にはなりそうにない。
しかし、
読み終えてしばらく経つと、
なんだか文学の本質(極意!)に触れえた気分になってきた。
フリー・ジャズの即興演奏が、
がっちりと構築されたクラシックよりも、
生々しく「音楽」を感じさせるみたいなことか。

 筒井さんは早くからネットを活用してきた作家だが、
そちら方面の記述が薄くて、
その点は残念だった。
現代において作家を志す人間にとり、
ネットのことは避けては通れない。
「インターネット」という章立てがあってもよかったはずだ。
創作の極意と掟 (講談社文庫)

その他の感想

グッド!!
新しい。とにかく新しい。
形が子供の歯にぴったり
担い手の分析から解決の糸口へ
コ・ス・パ ゼロ
数量限定版特典について
コスパがとてもいい
ガルパンの付録及び特集がとても良かったです
キャラは多いけど・・・
携帯用の紐は要らない。
便利だけど……
山崎実業のファンになりました
だるい感じがかわいい
薔薇のティーボックスについて
^^J? という文字が文章の中に入っていました。
T/M
対応の良さに
太いです。 写真だけでは判らない。
将軍さまぁぁぁぁぁ
俊英の最期
懐疑主義を名調子で語るファインマン氏の講演録
まま
画質がよい
使い方わからんね
飲料用☆
丈が思ったより短い
インタビュー
思わずため息が漏れるカッコよさ
ミライースにフロントにポン付けですが、小細工すると最強になる♪
不具合品、交換して頂きました。
戻る