経済ニュースに「ピン!」とくるための勘所をつかむ
パーソナルファイナンスを身に着けるとは、

つまり、
経済ニュースを聞いて

「結局、
どのニュースが俺に関係あるのか?」
「それが俺にどう関係あるのか?」

感覚的にピンとくるようになること。


たとえば、
長期金利が上昇する、
と聞いて、
住宅ローンが上がるのかな。
と思える人は、

もうすでに住宅の購入を検討している人だったりする。

でも、
こういう知識があれば、
世の中の動きが自分にどう関係があるのか?
感覚でもっと早くつかむことができるはず。


小難しいことはさておいて、
金利、
為替、
物価、
といったテーマで勘所をつかむ本。

すでに詳しい人には食い足りないので、
これでエクセルを回せるようになったりはしません。


あと、
面白いのは基本的な価値観として、

「継続的に学習・実績を上げて自分のバリューアップをして収入を継続的に上げてゆく!」
という考え方が貫かれていること。

本書はアメリカの教科書準拠らしいですが、
無味乾燥な記述で終わらない価値観を持っているのはさすが。
アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

その他の感想

恥ずかしながら、初めて読み通せました
Part1よりマシになったと思う
現時点最高のマルウェア解析本
セールで買いましたがちょうど良かったです
満足でした
VAIOが生き返った!
Nice referance book
少々高価だがとても有用でした。
ベルトがダメ
在日米軍の治外法権は何故許されているのか
基本を押さえる
とにかくいいドラマです!
第二段
医学的アプローチから観る“情報リテラシー”論.
ひとりだからこそ手に入れられる自由な生き方
劇的!
スカル好みで購入!(笑)
PS3の初期型などへ
毎日 パン焼いてます(笑)
のぞんだもの
PLUSの修正テープと使い比べてほしい。これはテープがたるみやすく、使いづらい。機構的に無理がある。
最強のMarshall 最小のCabinet
体験版というより「検討版」
軽快さとしっかりしたタイピング感のバランスが良く使いやすい
ディファ
最高のシューズ
“男気”だけではない
この本に出てくる業種には関わらないこと!!
新しい切り口
すごく良いです!
戻る