リアルタイムでできたことが嬉しい
ゼルダシリーズは神々のトライフォースからやり始め、
時のオカリナにすっかり魅了されていた時に発表された今作。


私をこの時代に生んでくれた両親に感謝しています。


ムジュラの仮面は、
その衝撃度はゼルダ一といっていいと思う程でした。


私が子供の頃にやっていたこのゲームのCMが若干トラウマです

この作品の凄さ、
それはえぐい程に生々しい描写だと思います。


これは大人になった今だから思えることかなあ、
と。


当時まだ子供だった私には、
何故クリミアさんがあんなに寂しそうなのか、
ゴーマン兄弟にあのお面を見せると悲しそうにするのか、
アンジュさんがカーフェイと会うのが怖いと言うのか、
ポストマンは逃げようとしないのか、
そういったことが不思議でした。
(まずそういうことにすら気づかなかったです)

このゲームをやり直すと、
あと3日で終わる世界の人間達の心情が、
一人一人異様な程掘り下げられているのがわかります

前作ではそういったサブキャラは、
大してエピソードが無かったのです。
(あるとすればミドやマロン、
インゴー辺りかな?)

何より驚いたのは、
その作り込み具合でした。


アンジュの母は結婚を前に夫に逃げられ、
娘もまた同じような状況になっている。
だからカーフェイの面を見ると乱暴な態度になる。


クリミアさんが「落っこちるかな、
アレ」と言ったのは、
自分の好きな相手が、
自分の親友と結婚してしまう。
でも月が落ちればその現実を見なくて済むから。


アンジュは一見すると、
不幸な私をただアピールするだけの女性。
しかしイベントを追うとその裏では彼女がいかに苦悩しているかがよくわかる。


ポストマンは予定に縛られている。
それ程真面目で、
仕事に責任を持っている。
しかしそのせいで目の前に死が迫っていても逃げられない。
自分自身に手紙を書いてまでも逃げることができない。


座長が泣いていたのは、
憧れて入った芸能界に現実を突き付けられ続けたから。
ゼルダの伝説ムジュラの仮面

その他の感想

ビーパルに載っていたので購入しました
…夢のあるガンプラだと思う。
5歳の子どもに
ゆうことなし、立派
しみました
再掲です。しばらく利用して・・・
年齢に左右されない美しさって?
行ってみたい食堂!
がっくり
兄弟や友達とはまったゲーム
確かに「ちょっと」だけ
VAIO Z SVZ1311AJモデルがほぼピッタリサイズ
フラットなフタが◎
あまり剃れない
もうちよっと
とにかく軽い!
カレーのバイブル
極論ではなく原則
一杯やりながら聴ける、桑田佳祐の最高傑作!
ロールホルダーの適合を確認して購入ください。
セットのカシメ器より、断然いいのでは?
意外と正確
Z33
絶対読むべきサイドストーリー
もっと早くに気付けば良かった
ホットで!
一応、効果はあります
この値段でこの完成度!?
X vent zero 良いです
来年イタリア旅行に行くために
戻る