DENONDP-500Mにも使えます。
DP-1300M用ですが500Mにも使えます。
500MのウエイトでSHURE25.35.44シリーズ、
オルトフォンSPU以外、
オーディオテクニカ
AT33系など大抵のカートリッジ&ヘッドシェルはカバーできますが、
さすがに自重が30gを超えるオルトフォンSPUには500Mのウエイトでは頭が上がりません。
そこでこの1300M用の大きい方26g~37g用に差し替えます。
重くて上がらなかったオルトフォンSPU系(自重30g:針圧3~5g)でも上がりっ放しになります。
内径は500Mの物と同じで、
回して調整することも遜色ありません。
違いは色だけです。
500M用はシルバーですがこれはシャンパンゴールド仕上げです。
500Mにとっては豪華になることはあっても色違いが気になる。

ってほどではありません。
知らない人には全くわからないでしょう。
よって500Mユーザーがこのセットを買うと、
超軽いチープなMMカートリッジから往年の重量級MCカートリッジまでほぼ100%対応できます。
これで対応できないような針を使う人なら、
そもそも100万円以上のターンテーブルくらいは使ってることでしょうから。

これを購入し、
日々、
ジャンルに合わせてヘッドを交換しまくってます。
尚、
ウエイトを交換する方なら当然に針圧計も持ってるはずです。
ウエイトの目盛りは、
針圧計で計る際の微調整の目安にはなりますが、
この目盛りだけを持って正確な針圧が決められる訳ではありません。
またそもそも目盛りは背面側からしか見えませんので、
デノンのターンテーブルを十数年使ってきて一度も目盛りを使ったことはありません。
尚、
MM専門のSHUREのアナログ天秤針圧計ではMMクラスの3gまでしか測れないので重量級MCカートリッジなどに付け替えるなら計測範囲の広いオルトフォンなどのデジタル式の針圧計をお勧めします。
また重いヘッドの場合、
当然にウエイトは後方にセットバックするのでターンテーブルに付属のプラスチック製のダストカバーと干渉してしまうので、
色々な針で「利き針」的なアナログ生活をしたい方は、
ダストカバーは、
新品保管して外しっぱなしが基本です。
(ウエイト写真:左からDENON-DP500M用、
1300M用20~28、
1300M用26~37)
DENON 重量級カートリッジ用ウェイト DP-1300M用 ACD-45N

その他の感想

SW-US22から入替
誤植もありましたが…
青白くかっこいい( ’ ▽ ` )ノ
リピ決定!!
旅行に行く時 カメラと一緒に持って行きます
相性が今1つです。
価格的には満足
使い勝手の良い除湿機
大きくてかわいい!!
クリスマスプレゼント用
第3章の「志望校別合格力養成編」は使えるが・・・
衝動買いでしたが大満足です
フツウに美味しかった
言ってることは分かりますが…
安いし、概要を知るには、最高の1冊!
「特集:飛行ロボット最前線」はマルチコプターの現状を理解するのに適した内容
柄が長くて、とても機能的!
のびがよい!!
キラキラしてるアルバム
条件付きながらも録画中にダビングは可能のようです
値段の割りにはかなり良い
海外製の代替品
昼寝に便利
看護学生一年生にオススメ
かなり明るいです。
2010年代最初のウルトラマン
モノクロ写真が多い!?
スマホゲーム最強のFPSらしい&
ここち良い香です
ロックフィッシュで使用してます
戻る