いずまいの美しさと靭さ お縁と江戸の魅力
  「出世花」は下落合からはじまる物語だが、
「落合螢」「偽り時雨」「見送り坂暮色」と読み進み、
主人公のお縁たちの出向く先が広がるほど、
江戸の地図があったらなお嬉しという気分になった。
内藤新宿、
神田明神などの他に、
なじみは薄いがなんともいい味の地名が顔を出し、
お縁たちが暮らしあるいは事情があって出向いていく先々が、
細やかに描かれている。
草木や生き物からも、
江戸やその周辺の四季を楽しませてくれる。


 それにしても、
お縁はかなり不思議なキャラクターだ。
生地を離れ、
父母ともまともな間柄ではない不幸な生い立ちである。
武家の出だが、
幼くして身寄りをなくして世話になった寺で、
若い娘ながら自ら選んで遺体を清めて火葬する生業に就く。
当時は火葬をつかさどるお寺の格式は低いもので、
お縁たちは屍洗いと蔑まれる身分だったそうだ。
多くの死と屍体を洗い清める場面が字数を尽くして描かれているにもかかわらず、
この一連の物語は清清しく涼しい。
心を尽くして看取り見送ることが、
逝く者のみならず送る者を救うものだということをお縁の手と心が語ってくれている。


 お縁は謙虚で聡明で無欲である。
かといって醒めているわけではなく、
繊細で素直であたたかい。
世間知らずでおいおいと思うほどおっとりしているのだが、
思うところがあると後へはひかない強さと行動力もある。
こういうお縁に、
自らの苦界に生きるよすがを語る娘や、
誇りと哀しみや僻みを預けたりぶつけていく者たちを、

お縁は黙することで守っているようだ。

 この一見、
生き仏様のような娘は、
その実大変食いしん坊である。
お行儀がいいのが救いなのだが。

 いずまいの美しい物語に出会えて嬉しいのだが、
ただ一つ残念なのは、
お縁の好物、
桜花堂の桜餅がフィクションだということである!
出世花 (ハルキ文庫 た 19-6 時代小説文庫)

その他の感想

しっかりとした作り!
動物の形と名前で遊べるのが良し。が、少し甘すぎる気がする。
やれるんじゃね~
本物の「夢の共演」!伝説号でしょうこれは。
この手の製品は、パナソニック最強ですね
本自体は割と大きいが薄い
チェスターが最後に遺した悲しげな歌声
基本を身につけるための本です
小学2年生の娘と一緒にプレイする楽しさ
色が可愛い
ありの~ままの~♪
傘の内側の骨がショッキングピンクです
本物の木のようでいてさらに丈夫
必ず食べてくれるごちそう
遊び尽くし 手づくりチーズ事始め
意外と良い本です。
うーん、ちょっと残念。
臭いはOK
愛の時計。
使えない……
値段・効果良し。色が付いていて味があると思いましたが・・
”現代のビスマルク”の評伝
多角関係な百合
ペタンが無くなった!!
笑いあり!泪あり!時に意味なし?
ブラウンは染まりが悪かったのでブラックを使ってます
ロングヘアーの凛ちゃん
靴底材の改善を希望
素晴らしい音楽!
これってチェロじゃなくてコントラバスだよ
戻る