最後の最後に希望が…
※本レビューはネタバレを含みます。
ご注意ください。


私の理解力不足のせいですが、
解釈に悩み、
なんとレビューすれば良いのやら…という感じでしばらく放置していました。

がんばって書きます。


スメルジャコフがイワンに向かって真実を伝えるシーンが印象的でした。

「あなたは大旦那さまそっくりだ。
ご兄弟の中でいちばん大旦那さまに似てきましたね、
心まで同じですよ」
と、
何もかも見透かしているスメルジャコフが不気味です。

誰が善人なの?誰が悪人なの?誰が無実で、
誰が罪人なの?と混乱させられます。

スメルジャコフが父親殺しの犯人だとわかったのに、
その罪は明らかにされずどこかにいってしまって、
見当違いの悪をみんなが躍起になって追いかけていて、
人間の愚かしさを感じさせるような展開になっていきます。


真犯人がわかったんだからあとはスッキリ事件を解決すればいいじゃないとはたから見ていれば思うのですが、
その後イワンのもとには自分の分身である悪魔が現れ、
イワンは発狂せんばかりに苦悩する。

そして長い裁判の描写の末、
弁護人の説得力ある弁舌にも関わらず、
ミーチャは無実の罪で有罪となる。

カーチャはミーチャを裏切ったかと思えば後悔して謝罪し、
ミーチャと不思議な絆が生まれてるし、
中巻であれほどドラマティックに愛を語り合ったグルーシェニカとミーチャは、
そんなカーチャのせいで若干ギスギスしだすし、
脱走すると言いつつそのへんは描かれないし、
リーザはキャラが豹変しちゃってるし、
私にはなんなのこの展開?どう解釈すればいいの?と思えてしまいました。


物語の最後は哀れな少年イリューシェチカのお葬式のシーンで締めくくられますが、
ここは胸が締め付けられるように悲しい場面でした。

もしミーチャに真の罪があるとしたら、
この美しい心を持ったイリューシャの心を痛く踏みにじり、
一家を不幸にしたことではないかと思いました。

物語の唯一の良心であるアリョーシャのスピーチが印象的です。
カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)

その他の感想

四台入庫できます。
油と小麦!
これでそろった
二つの面を、持っているようにおもいます。
CD-ROM付きなので活用便利
スムーズに入ります。
素早い対応をありがとうございました。
良いけど
別商品と比較
相変わらず良い造りです!
純正のと交換
ふっかふかで、あたたかです。
世界一幸せなシンガーソングライター
粘着力低し
久しぶりに購入
癒しの一中、洋室が和室に。
グラデーションは印刷、また皺になる
トータル的には満足です。
安っぽさはあるが、機能は問題なし。このお値段だったら納得
この本の内容を要約すると
今まで何度も観た「ポセイドン〜」と全然違う!!
美しい表紙に魅せられて
脇汗完璧!
the・愉快な仲間たち
シンプルな4人打ち麻雀
台湾料理屋の味を自宅で再現。
さすがサウンドブラスター!!
japan boost2 2足目
芸術的、なんでしょうけど…
髪の変化は・・・
戻る