パリティ事件が無ければ、DLCのデッドキングも併せて意外と良作
Unityには確かに問題がありましたが、
パッチ4でやっと遊べるレベルにきたのと個人的にはとても面白かったので、
レビューをします(※1)

<パッチについて>
パッチ4のファイルサイズは2.9GBと結構ありますが,インストールする価値はあります。
フレームレートの低下、
オンラインの接続不良、
コリジョン/メッシュなどといった問題にも修正が入っていて、
海外のゲームメディアで言われている通り、
普通に遊べるレベルになりました。


<フリーランニングについて>
上下方向へフリーランニングできるという進化は素晴らしいアイデアでした。
暴発しない、
直感的に動かせるパルクールに、
また一歩近づいたという点では、
Unity流フリーランニングを存分に楽しめました。
今後もこのフリーランニングだと個人的には嬉しいですね。

動かしてて楽しい。

というのが最初に来るので、
とても良い前進だと考えています。


<Unityの光源、
建物、
世界背景について>
それと、
Unityは光の処理が次世代だと感じました。
光をどう使うかによって、
オブジェクトの見え方が全く違うものになるのだとモントリオールスタジオと世界中の9つのスタジオには教えてもらいました。
そして、
内部まで入れる作り込まれた建築物、
細かく当時を再現した装飾、
清濁飲み込んだ18世紀のパリの風景、
19世紀のベル・エポックと呼ばれた時代。
それはよく描きこまれた美しい風景です。
ベル・エポックの頃は確かにパリが最も魅惑的な時代だったので、
それで一本、
探偵ものを作ってほしかったファン心理はありますけれども、
たぶん無いでしょうね。


<探偵アサシン>
4が海賊アサシンなら、
Unityは探偵アサシンといったところですね。
今回はストーリー上の絡みも含めて、
探偵要素が多分に含まれています。
LAノワールで燃えた私は、
この探偵ストーリーが本当に楽しかった。

ちなみに、
国家警察パリ地区犯罪捜査局初代局長になるウジェーヌ・フランソワ・ヴィドックも登場します。
(※1)
※1
元犯罪者で後にパリ警察の密偵となるヴィドックは実在の人物ですが、
フランスにはもうひとり国際的に有名な犯罪者がいます。
アサシン クリード ユニティ(日本語版) 通常版[ダウンロード]

その他の感想

酒を美味しく飲むために美味いものを喰う?
微妙な具合
余りにも弱すぎる・・
あなたはわたしを、わたしは彼を、彼はあなたを観る
迷ってる人は買った方がいいです。
去年に引き続き「神曲」ですね(^-^)
★6つ
カーナビ用
コンパクトなスイッチ\(^o^)/
くるさんの字で全然問題なかったんですけど・・・・・
毎日楽しんでいます
見やすい、内容豊富
女性には大きいです
丈が長めでイラストも可愛い
使うのがもったいないくらいかわいいです
レディース物?
鳴りました
何回聴いても飽きないです。
買ったらダメです!!
お金=幸せを掴むためにはどう生きるべきかを学べる
スケールは小さいながらも
大きいサイズ
お盆の実家への里帰り中に使用
対象年齢 小学生以上
待ちに待ったシングルは「トゥットゥル トゥットルル♪」って口ずさみたくなる曲
正直ビックリ
敬語はこの本がベスト
アイギスの利点を活かしたねんどろいど化!!
満足できるケースでした。
臭いはそれほどしません。
戻る