イベントはメディアだ。
著者の高橋フィデル氏は、
ワールドカップ、
F1、
IMF総会など、

エンターティナメントから国際会議まで、
これ以上ないビッグイベントの
プロデュースを成功させてきたイベントプロデューサーです。


高橋氏は、
我々が毎日のように行う会議や会食など、

人と人が顔を合わせて意見交換をする場は、

すべてイベントと呼べると定義します。


そして、
情報発信の拠点となるイベントは「メディアである。
」と切り出し、

どんな媒体を介するよりも濃密な双方向コミュニケーションが行えるイベントは、

「メディアの進化系である」と宣言します。


その上でイベントをマネジメントする力を得ることで、

強力な発信力を手にすることができるのだ、
として、

著者の研究する心理学的見地からの裏付けを行いながら、

具体的なノウハウを惜しげもなく披露していく本論へと導いていきます。


資金集め、
場所設定、
組織作り、
などすべてがゼロの状態から
イベントをスタートさせるために必要なエッセンスが詰め込まれている、

まさにバイブルと言える本です。


飲み会、
同窓会、
結婚式の二次会や、

NPO等の活動の幹事をなさる方々にとって、

何らかの趣向や意図を持った各種イベント
のロジ面・サブ面両方で、

大変参考になる本だと思います。


ちなみに文体も、

私が1.5時間くらいで読了できたくらい、

読みやすい筆致です。


とにかくおすすめ!
イベント運営完全マニュアル

その他の感想

口から砂糖を吐かないように注意せよ
まずは一本買ってみようという方には十分かと思われます
PS3とMacBookProのために
我が家の必需品!
この手の本にしては買いやすい
私の中ではベストブックです。
脱衣所がすっきりしました。
びっくりしてもらえます♪
インクリボン手配
ウインドウ7ー64ビットでも動きました
大嫌韓時代を読んで目覚めました!
かわいいけどショック。
本革
Jukeにぴったり
テストプレイをしなかったのか?
操縦がカンタンで面白い
エンブレムが取れた
植生学の必携古典です
昔にこそ素直な心がつたわっている
広告の完全ガイド
とにかくうまいです!
DTMの入門書
眺めて、読み込んで、比較して楽しめる!
うまく使えない
雑誌ながらボスの決定版といえる
サイズがやや小さい。保温効果はOK。
ずっと
しまうま~
楽しみながら英語を学びたい大人にもお奨めできます
終わってしまったのは少し残念です。
戻る