ハイテク時代の最後
アクティブサスペンション最後の年となった1993年シーズン
結果的にアイルトン・セナとアラン・プロストとの最後の対決となった年
そこにまだ若かったミハエル・シューマッハーが加わるという状況
詳しい内容は目次より
・極尽したふたりと新世代の息吹 1993年を読む
・行き着いたハイテクF1マシン 急激に押し寄せた世代交代の波
・一度限り、
一生をかけた、
奇跡の一年 デイモン・ヒル インタビュー
第1章新旧王者、
かく戦えり。
時代の転換期を魅了したスリーキングス
 ・明暗を分けた3強の開発コンセプト
 ・満を持して登場した最強のフルアクティブカー ウイリアムズFW15C・ルノー
 ・フェラーリを抜く通算104勝を記録したMP4/4以来の傑作 マクラーレンMP4/8・フォード
 ・2強に引けを取らないハイテク武装のチャレンジャー ベネトンB193B・フォード
 ・3戦2勝の真実 アイルトン・セナ再録インタビュー
 ・ハイテクよりも大切なこと ミハエル・シューマッハー再録インタビュー
 ・時代の節目来たる 第14戦ポルトガルGP
 ・アクティブサスは魔法のハイテクではない アラン・プロストインタビュー
 ・1993年の風景
第2章 進化の極み コンピューター制御と空力デバイスのプログレス
 ・興隆と途絶のドライバーエイド 1993年シーズンのメカニズム
 ・手探り状態だった空気との共闘 1993年シーズンのエアロダイナミクス
 ・ハイテク戦争を戦い抜いた脇役たち
 (1)日本人レギュラーたちの戦い
  ・パワー、
車体、
アクティブの最適化を図れなかった 期待ハズレ フットワークFA14・無限ホンダ
  ・急速に進むハイテクの波に乗り損なった名門 ティレル021・ヤマハ
  ・鈴木亜久里×片山右京スペシャル対談 「すべてがちょうど良かった時代。

 (2)1993年の隠れた名車
  ・最強エンジンの性能を有効活用したノンアクティブの雄 リジェJS39・ルノー マーチン・ブランドルインタビュー
プロストVSセナVSシューマッハー―進化の極みと王者の系譜ーF1世界選手権「1993」 (SAN-EI MOOK)

その他の感想

入力時の感触は良くないですが、何とか使えます
日本料理は大丈夫なのか
初期不良で無ければ満足
仕事として活用したい、次のステップへ進みたい方へ
むずかしい理論を分かりやすく解説した後で地獄に落とす
中古品‥??
ちょっと見にくい感じ
先端は細めです
見た感じの評価ですが。
さすが防災のプロ!
ベッタベタ
ライブの魅力満載。グダグダのMCもたっぷり(笑)
今後のスタンダード機種?
作者は天才かな?
サイズ、質感、価格、いずれも納得のいく商品です。
便利だわ
気持ちはわからなくもないが、決して正論ではない
第二次大戦に浮上したR’lyehが絡んだ結果・・・
感覚的に理解しやすい
食べっぷりがいい。
使いやすいサイズ!
アクティブでないため要注意。
取り換えが楽です
盗まれたルパンの中の挿入歌
スポーツ後に使っています
ごめんなさい、本編のレビューではありませんが、「ありがとう、健さん!」
本田健はこれ一冊で充分
Amazonの4Kもっと増えて欲しいです
こんな奇跡もあるんだね!
小学3年の息子用に購入しました。 
戻る