素直な作りの伝記映画
 高校時代より、
世界の喜劇王・チャップリンの生き方の放つ魅力に惹きつけられ「一番好きな映画はチャップリンの『独裁者』!」と言い張ってきたので、
鑑賞しました(ちなみにウンナンのウッチャンは『街の灯』がベストムービーらしいです)。

 
 一応チャップリンの主だった映画は観ていますが、
チャップリン自前の撮影所で初めて撮影された『犬の生活』以前の作品は僅かしか観れておらず、
ファンとしては中途半端な知識しか持っていない(かろうじて『チャップリン自伝』は高校時代に読みましたが)私ですが、
一応本作で扱われる作品とエピソードはほぼ知っていました。
他のレヴュアーさんも言われている通り、
本作はチャップリンについての基本的な情報をメインにした、
一般向けの素直な作りの作品だと思います。


 チャップリンの貧しい生い立ちから、
終生変わらなかった母ハンナに対する深い愛、
アメリカでの成功、
ガンジーやチャーチル等と出会いを刻み、
それまでの価値観に変化をもたらした世界旅行、
赤狩りやファシズムへの批判、
一時は追放されたアメリカからアカデミー賞特別賞を贈られ、
スイスで家族と幸福に過ごした晩年の日々と死去までが、
時折ご存命のご家族や海外の研究家のコメント、
また日本の著名なチャップリン研究家であられる大野氏の解説が挿入されながら描かれます。
有名なチャップリンの日本人秘書・高野氏との逸話もふんだんに盛り込まれています。

 チャップリンが娘のヴィクトリアさんを主役にした映画を撮るつもりで、
物語の大筋とカメラテストまでその準備が進んでいたというのは世界初公開情報&映像だったということで、
当然私も初耳でしたので、
嬉しかったというか、
観た甲斐があったなあと思いました。

 また、
大野氏の、
「『キッド』を観ると毎回泣いてしまう」という温かくも熱い語りが個人的には良かったです。

 チャップリンに詳しい方には少々物足りない内容かもしれませんが、
ビギナーの方には手ごろな基礎的伝記映画ではないでしょうか。
堅すぎもせずマニアックすぎもせず、
程よい情報量の観やすい作品だと思います。
チャップリンのすべて [DVD]

その他の感想

うすいのに大容量
履いていないかのような履き心地
香りの良い料理酒
ダイワ、アブ党が買ってみました。
ホース・圧力計付きフロアー型携帯ポンプ
取り扱い、やや注意。
左右は別に回転します。
聴診音
素敵な歌声です。
取り付け後3日目に盗まれました。
PCに
高校生の息子へプレゼント
身近なところにある災害医療
jamie 大好き!
まずいのに買ってしまいました」
ジムと仕事の両立に
人の部屋を見るのは楽しい!
エンタメ作品としてすごく楽しめました。
履き心地が気持ちいい!
さすがアツギ!暖かい!
現代から見れば批判すべき部分もあるが、やはり偉大な作品
決して愚か者ではないはず
既にマーケティング知識がある方のための、NPOマーケティング教本
Mat最高!
原書とあわせて読んでみてほしいです。
デザインがよく、小型
Mosテキスト
水を通すといきもののように伸びていく様は不思議。リール式に比べ水圧が減りにくいので、水まきが短時間で終わります。
思ったより簡単にきれいにでき満足です
価格と性能のバランス良し
戻る