細かいところが惜しいなあと思いました
携帯版は未プレイです。

明治時代が舞台・好きな声優さんが出演されている・既に人気作品ということで、
PSP版の発売を楽しみにしていました。

フルコンプ済みでの感想です。


【キャラクター】
プロローグ後、
選択肢によって2人ペアのルートに入り、
その後の選択肢で個別ルートに入るという感じでした。

この2人ペアが3組ありますが、
どれも「最初から好意的で親身になってくれるキャラ」と「つんけんして冷たく接するキャラ」の組み合わせです。

真相ルートを開くには、
彼ら6人を全員攻略する必要がありますが、
苦手なキャラがいなかったので苦にはなりませんでした。

キャラ人気があるのも納得です。


ただ、
あるキャラが、
他社乙女ゲーの某財閥末っ子君に似ているなあと、
気になって仕方ありませんでした。

あちらは大正・こちらは明治と時代も近いし、
声優さんも同じ、
おかっぱ頭でツンデレ、
一人称「僕」で口調も似ているなあと思いました。

そのせいか、
あまり萌えられず……。
まあ、
こんなことを思うのは私だけかもしれませんが……。


主人公は、
すごく好感が持てました!
「ありがとう」「ごめんなさい」がきちんと言える素直な子だし、
所々入るツッコミが冴えわたって楽しかったです。

食べ物に目がなくて特に「お肉!お肉!」と文字通り肉食なのも、
気取った感じが無くてかわいいなと思いました。


【シナリオ】
笑いと切なさのバランスがほどよく取れていると思いました。

思わず吹き出すことが何度もありました。


文章も読みやすく、
私は地の文があるゲームは基本的に苦手なのですが、
サクサク読み進めていくことが出来ました。


ただ、
ボリュームは少ないです。

音声をとばしながらですが、
1周目を4時間程度でクリアしたのではないかと思います。


恋愛面の展開も早いと感じました。

ツンデレキャラも、
ツンの期間が短いこと短いこと。

気付くと嫉妬し始めてびっくりしました。
明治東亰恋伽 通常版

その他の感想

ちゃんと映画になっています
花粉症なので・・・
読み物の部分が楽しめた
最初の香りだけなら最高
サイズ調節のボタンが脆かったです。
注意:ネタバレあり!
Dでも幅はあんまり広くないかも。
はじめてのお絵かきに
インデックスは片側のみ
普段使い
10分あれば読みきれる。
オフショアジグと10㎝のシーバスルアーに最適
タイマーはとても便利です。
決定盤、入門盤、総決算。(≪通常盤≫レヴュー)
思った以上にしっかりしていました。
やさしい 教本
施工しやすいです。
もう少し手軽にプログラムできる機能が欲しかった・・・
ブラウンのブーツ
バシャールやエイブラハムへの詳細な注釈書・人間ならではのペースで
延長することで使い勝手が広がる
使い始めると手放せない
アクセサリーシュー単品をお探しの方にもおススメ
結構不安だったが・・・・
多重露光マスターガイド
スー過去問専門科目の伝統的欠点
対応表にあったマックで使えませんでした
ほこりの多さにびっくり
ボクシングの場合
襟がヘナっとしています
戻る