火星で生き抜く底力
宇宙ものは数あれど、
これは非常に技術面や専門分野のところも踏襲されている印象をうけます。

だからかリアルに感じられる。

火星においていかれて一人きりで生き抜く主人公が、
どこか飄々としていてジョークまじりで、
生き抜く事そのものを楽しんでいるように感じるのが面白い。

そしてこの主人公と、
他のステーションにいる人物やNASAの人物など、
場所が違う登場人物からの視点でも描かれており
そのいったりきたり具合と物語の進行がスムーズで読みやすかったです。


しかし読んで思うのはやはり、
生き抜くには知識と機転力がいるんだという事。

主人公は植物分野でスペシャリストだったわけですが(だからこそ火星で生き抜く事ができたのかもしれない)宇宙に行く人はいろんな分野から一流を取り揃えているんだなあと感心しました。

そして、
それぞれが独立し信念をもっていなければならない。

働く人にもいろんな考え方があって、
予算と対外面と人情がせめぎあう。

なんとなくチャレンジャー号の事故の事を思い出しました。
あれも、
結局は乗組員の事を案じ最初からずっと「このままでは危ない」と言い続けた人がNASAをやめる事になり
予算と対外面を重要視した人はそのまま残留した。

この物語でもそういう理不尽さを感じる部分はありましたが、
逆にリアルにも感じられました。


わりとスピーディーに進むわりに専門的な色も強く、
エンタメ性もあって面白かったです。

やはり宇宙とか、
特殊なものに関してはそれなりに理屈も入っていた方が楽しく感じます。
火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

その他の感想

目覚ましがリセットされる
dvdケース
てこの利用で安全に切れます
やっぱりこれです!
新共同訳のハンディタイプで続編も付いていて大変扱いやすいです
セット内容が丁度良い。
この解説を薄いと見るか
ダークマター(暗黒物質)への疑念が晴れました。
アウトドアレジャーが 苦手な方へ
nexus7で問題なしでした
JAZZ NASTERPIECE
ゆったりしたい時に…
とにかく爽快なんですよね、読後が。
組み立てる際、ちょっと大変かも
解説が貧弱/存在意義が不明
地球支配階級の戦略に目覚める原典の一つ
にわとり飼うために・・勇気の出るこの一冊
機能性、ファッション性共に優れた逸品!
分解調整もまた楽し
やはりかわいらしい!
全体的には良い商品
一つだけ注意点あり
いまどき分かり易い設定が楽しいです。
北海道アイヌ語地名の決定版
SWING?
たくさん歩くのに理想的な靴です
ARS組好きは嬉しいかも
なんだこりゃ!
使った感じが最高に良いです
ハッとさせられる香り!
戻る