女性たちの自由さ、強い意志を持った行動に圧倒される
42人の大正から昭和初期に活躍した女性が描かれています。


タイトルを象徴するように、
断髪の先駆者として銀座を闊歩した二人(望月百合子、
ささきふさ)からスタートします。

それにしても、
「髪は女性の命」と言われた時代に断髪にすることは、
大変な勇気がいったことでしょう。

「未亡人になられたか、
可愛そうに」と言う言葉がかけられたというのが、
すべてを表していると思います。


それ以降は、
決して「断髪」ではない女性も沢山登場します。

その中で、
やはりこの時期に活躍した女性と言えば、
どうしても「青鞜」を抜きに語れない訳で、
この雑誌に関係した女性が沢山登場します。


この本を読んで特に驚いたのは、
当時の知識層の交際範囲の狭さで、
意外な交友関係が登場します。

又、
大杉栄、
伊藤野枝の二人の虐殺が、
こうした知識人の集団に大きな同様を与えたという事実も、
想像以上でした。


一番は、
当時の女性たちの自由さで、
強い意志を持った行動に圧倒されるばかりでした。

と同時に、
職業を持つ女性は、
年下の男性か、
同性を求めると言う傾向には、
当時独自の傾向なのだろうかと考えさせられました。

当時は、
それだけ結婚した女性の位置づけの低さがあったのでしょうが、
現代では大分変わったのではと思うのですが・・・。


いずれにしても、
大正から昭和初期にかけて(戦争前夜)の知識人の行動が、
女性の目を通して生き生きと書かれており、
この時代を知る上で非常に参考になりました。
断髪のモダンガール―42人の大正快女伝 (文春文庫)

その他の感想

トラブルも無く使ってます
good reading
前から使いつ続けています。
リピート機能がないし、今はもっとコンパクトなお風呂で聴ける機器が他に出ている
良いと
苦い
韓国の偉大さを伝えきれていないが、入門書には良いかも。
中々面白いですね~
結構、くわしく書いてあります。
愛とは、自然で簡単な事だと思っていた‥この冊子では原著のエッセンスと時代背景、フロムの考えの中での位置づけも知れる。
デスク上に一品
あっという間に100パーセントに
昔から今までのDisneyらしさがちゃんと入ってます!
味が大幅に落ちました
7人のリブは…存在した!
フィールドワークの面白さ
汗っかきの赤ちゃんにピッタリ
普段用として最高です。
こいつは良いです。
低刺激、その分、低効果・・・
電気工事屋に
モンベルを履いてみたかった初心者です。
日本製で安心
熱対策と肩凝りの解消に
手軽に鍛えられる
荷物が付けにくい
リラクゼーションサロンで使うには
長さがちょうどいい。
快感です。
ニャンコがかわいい
戻る