中世後期の人間ドラマ
 14世紀初頭のビレネー山麓に位置する小村モンタイユー。
ここで行われた異端審問官ジャック・フルニエによる異端審問記録は、
克明に中世後期の農村の暮らしを描写していました。
フランス・アナール学派を代表する歴史家ル・ロワ・ラデュリは、
この史料を用いてこの時代の研究としてはあり得ない精緻さでもって分析を加えていきます。

 人口250人ほどの小村であるモンタイユーでは、
「家」こそが価値体系の最上位を占めていたこと。
そして年長者から年少者へという一方通行の文化伝達経路を伝って異端であるカタリ派が入り込んでいること。
そして彼らの結婚観、
人生観、
死を迎える瞬間など様々な人生の局面が描き出されていきます。

 ここに登場する人々(むろん実在の村人です)もすばらしい個性を放ちます。
司祭でありながら異端に染まり、
権力の中枢を掌握して村娘と情事を重ねるピエール・クレルグ。
彼と長い愛人関係にあり、
奔放で波乱の人生を送った元城代夫人ベアトリス・ド・プラニッソル。
何より一介の羊飼いであるものの、
哲学者と言っても過言でないほど研ぎすまされた人生観、
倫理観の持ち主であり、
幾度もの裏切りにあいながらその愛すべき生き方を変えようとしなかったピエール・モリ。

 権力者たちの陰謀ばかりを追っていると批判されがちな歴史学ですが、
本書に描かれているのは一つの村で繰り広げられた生々しい人間ドラマです。
500年前の人々の喜怒哀楽まで見えてくるような気がします。
訳も秀逸です。
歴史を勉強してみようかな、
という方は必読の書です。
モンタイユー―ピレネーの村 1294~1324〈上〉 (刀水歴史全書)

その他の感想

部分ビューラー☆
風切り音の少ない一眼レフの動画撮影におすすめ。
4年生が買う本じゃない
手頃な対訳アンソロジー
また予約購入してしまいました
カビが生えない
軽い、痛くならない
置き場所さえ確保出来るならぜひ
スノーピーク スクー用ケースとして
超初心者にぴったりかも?
うさ☆
質素な洗面台の雰囲気がガラッと変わる。
ポリクリ麻酔科実習に
まあ、つかえてます。
今治ブランド!
価格設定が・・・
安っぽい感じです。100キンにありそう
熟語、言いまわしが自然に覚えられる!
ジャズファン向け
コスパは十二分
追記です。
動脈瘤解離を経験
ガチャちっちゃ!
最安値で気に入りましたが
説明は悪いが、品物はGood
不愉快な連中であるけれど、たまには笑いのタネにしてしまおう
リーズナブルで満足いく洗車に
USB type-Cと書いてありますがtype-Aです
写真と現品が違う!
こんなに使われているとは思いませんでした!
戻る