フラッシュ・ボーイズ続編(別編)
 本書は、
2014年10月に刊行され論争を巻き起こした、
米国の高頻度トレーダー(HFT)を描いたマイケル・ルイス著「フラッシュ・ボーイズ」の続編(別編)ともいえるものである。
「フラッシュ・ボーイズ」がプレーヤーであるHFTに焦点をあてたものであるのに対し、
本書はその舞台となった取引所(の進化)が主役である。


 卓越した一人のコンピュータ・オタク、
ジョシュア・レヴィンが「コンピュータを通して世界を変える」という目的のために、
「ウオッチャー(ナスダックの取引記録を取り込めるシステム)」、
「モンスターキー(時間より価格優先という規則を利用した発注システム)」、
さらにはマーケット・メーカーを迂回できる画期的電子プール「アイランド」を創造したことで、
取引所間の絶え間なき技術革新/競争が引き起こされ、
やがてはNYSE(ニューヨーク証券取引所)やナスダックという金融の中心に位置する取引所が変革にさらされ(NYSEはアーキペラゴを、
ナスダックはアイランドを飲み込んだ)、
さらには新種の取引形態やプレーヤー(HFT)も産まれるに至ったという実話である。


 すなわち、
フェディリティやバンガードのような大口投資家(ホエール)が、
彼らの注文に先回りして小銭を稼ごうとする新種のハンター探索アルゴリズムから逃れるべく、
NYSEやナスダックのようなリットプール(照らされた取引所)からダークプールに避難したが、
そこもまたアルゴロボが占領するようになっていったのだ。
例えば、
2009年時点でHFTは米国株全体の取引の4分の3を支配しており、
また、
2012年までに、
ダークプールと金融機関の店内取引が全取引高の40%を占めるようになったとのことである。
さらに、
ホエール・ハンティングだけでなく、
「「競合するコンピュータ・アルゴリズム間のグローバル競争」」で「市場は「いろんな種類のピラニア」が高速・狂乱状態で互いを食い合う湖へと進化した」(p.101)のである。
ウォール街のアルゴリズム戦争

その他の感想

ドラマや映画を思い出しながら
サンワサプライTK-RF253SAUSV用に使います。
「生命」についてのしなやかな思考。しかし多才ですね!
缶バッチ
絶賛するほどでは・・・
即席、ラムジー!
惜しげもなくノウハウが記載されています。
転売の温床
嘘。。。
とてもお買い得でした
富士山を本当に愛するが故に、世界遺産登録で盛り上がる日本人へ、野口健が浴びせた冷や水。
汎用ケースとしては充分です
世界一だと思う
書いてはあるのですが・・・・
本当にこれで全部?
糸くずが…
「爬虫類型異星人」は何度でも現れる
ちーママさん
見た目は軽石で、重さは軽石よりも数段軽いです。
ブラジル特集
すぐわかる選挙運動
お勧めな一品!!
いろいろと読み方はあるでしょうが・・・
弾きごたえのある曲ばかりです。
コンパクトです
頭の体操
長財布が入りません。
表紙の青色に惹かれて
目安になりました。
カールツァイスの単焦点が欲しいけど・・・
戻る