ユーモア、ユーモア そして ユーモア!
ブライソン氏はアメリカ生まれ、
長い間イギリスの出版界で活躍してきた人である。
彼がアメリカに戻ってきて出会った数々のカルチャー・ギャップとは・・・
 記念日にドーナツをふるまう郵便局に感激し、
いきなりファースト・ネームで呼びかけてくる電話オペレーターに困惑するなど彼の子供のような感性と成熟したユーモアがこのエッセイを面白くしている。

 買って損ナシの本なのでぜひお勧めしたい。
こういった本を翻訳、
出版してくれた出版社にも拍手!
I'm a Stranger Here Myself: Notes on Returning to America After Twenty Years Away.

その他の感想

ナビホルダー取りつけのベースに使用しています。
遅い夕食は、食べ方次第
毎朝食べてました
効果を期待します
無塩ナッツです。
いいパンツでですが1点だけ大変残念
ずっと待っていたんです
3つのモードをひと通りプレイしてみた感想
町を救ったヒーロー犬について書かれた実話物語
お買い得かな。
片道切符の暗殺指令
人を守る為にライダーになったんだから、ライダーを守ったっていい!
果報主義と因縁主義
接着力は良い、あとは千切れやすければ
2枚組をコンパクトに
宮崎駿最高傑作
意外にはまります
書店の未来は見えないが読む価値はある
狭い歯間に良く入る
元気になります
すずさん怒涛の快進撃、初の表紙
たまご風味最後~♪
全体的に満足しています。
クリロナになるぞ❗
いい映画でした
子供が大喜びです
持ち手があり便利!
永久保存
色使いの参考
戻る