中世政治理論について名作
王様は何か?ある国の首であることと答えるかもしれない。
すばらしい。
王は、
法律に関して責任があることができるか?もしそうなら、
王は、
彼の違法行為のどれかに責任があるか?王を審判するというものは、
国を斬首するということを意味するか?彼は決して責任がないといえば、
王家の犬が市民を攻撃したら、
王家の車が事故を引き起こしたら、
または王家の土地が公害を造成したら、
どうしようか?これこそ本書の中心問題である。
「王の2つの身体」によって、
Kantorowicz氏は、
どのように中世理論が君主のイメージを明確に述べたかを示した。
一般的な人間のような自然身体だけてはなく、
全体の王国と王家の尊厳を代表する政治身体も持ってること。
中世理論の構築は、
その関係筋をローマ相続法で見つけた。
「家族」によって、
想像された実体について話した。
家族の首は、
絶対権力者の「家族の父」(パテル・ファミリアス、
pater familias)である。
法的な定義によって、
家族がこの親父以下すべての世代を同時に包含する。
家族は決して死なない。
父権に支配されるものについて、
彼たちの父が生きていたときに、
あたかも彼たちがすでに家族財産と権利の共有人だったかのように、
親父が死んだところで、
後継者は、
すぐ「家族の父」の地位を取る。
言い換えて、
家族は中断するわけではない。
Baldusなど中世ローマ法注釈家のおかげで、
同じアイデアは、
君主国の理論に拡張した。
しかし、
なぜもし起源が世俗的なローマ法なら、
本書は「政治上の神学」と題されたか?この質問に対して、
バチカンとその時代のヨーロッパ君主の間に戦いを理解すべきだと思う。
両方も正当性のためにのみではなく努力した、
さらに、
もう一方への優越を求めた。
しかし、
すべては、
1つの前提に合意した: 我々の世界の秩序は、
神様がどちらにも与えたものと同じだろう。
神は、
ローマ教皇が彼の王国の上に教会、
および王の上に座るので、
彼が作り出した宇宙の上に座る。
すべて神聖法、
また自然法に従って、
すべてのマイクロ宇宙は、
マクロ宇宙と同様に機能する。
イギリスの普通法(コモン・ロー)がヨーロッパ大陸の法体系に比較的特別であるにもかかわらず、
Kantorowiczの大作は、
面白い共通点を指摘する。
王統を触れていなく、
現実な王を懲罰することはどうしようか?我々は、
何を(に)利口な中世学者が念入りに作ったかがわかる。
The King's Two Bodies: A Study in Mediaeval Political Theology

その他の感想

これは手軽でオススメです。
バイクいじりに使用
女性向けライトノベル?
安くなれば買う
コントラストが悪く
人生最高の映画。
歴代最高興行収入は伊達ではない!?
主に頭部と肩に使用しています
安価でも・・・・
かわいい仏様
いいね
満足できるラインナップ
S10の見所
手付かずのまま
フィルターの汚れ
そして10年後…
Sony販売価格は22,658円(消費税込)
「国体の本義」に関する別観点
重ね着技で
神がかった名盤
MAN WITH A MISSION
うつ、パニック症、強迫神経症、不安神経症の薬物を使わない改善法
5番アイアンも好きになりました
発送に時間がかかり過ぎ
貼るときは上下と表裏に注意
会計の用語や意味を覚えはしたけど…という人向けの本
「へえ〜」の連発
見に行けなかったライブ
あえて欠点を書きますと
ふなっしー、優しいね。でも、さみしくもあったよ・・・ね?
戻る