艦艇の迷彩塗装研究に必携の著
第一次、
第二次の両世界大戦に参加した艦艇に施された迷彩塗装は多岐にわたっている。
本書は迷彩塗装の起こりから、
その発展過程、
及び各国海軍における研究と実施例を系統だってまとめた好著である。
特に米、
英海軍において実施された各種パターンについて詳細な記述があり、
艦艇塗装を研究するものにとっては必携の著といえる。
第二次世界大戦の日・独・伊海軍についても可能な限り鮮明な写真を駆使しており、
特に戸高一成氏が提供した旧海軍が作成の軽空母瑞鳳の塗装要領図は初出と思われる。
これを含めて、
十数点のカラー写真が添えられているが、
可能ならばカラーチャートかカラー塗装図が加えられていればより理解が深まったと惜しまれる。
Naval Camouflage 1914-1945: A Complete Visual Reference

その他の感想

私にはぴったり合いました
写真より白っぽくてさわやかな印象です。
匂いはいい
男の魂、燃やされたぜ!!
第5話 猿王の物語(パーリ・ジャータカ第407)
おすすめの教科書
フランちゃん可愛いすぎる‼️
短時間で通読,復習.医療・医学を網羅
これって どう?
いわゆるスコアです
ゲーム記事はP4D、漫画はP4Uメインです。
隠れた傑作、再び!
冷たくするのがコツ?
プチさん!
折れや擦れが想像したよりもひどかった。
まんがで科学。
新幹線ファン必読の本です。
容器はいまいち・・
手頃【2015.05.28追記】
買って絶対損のないアルバムですよ!!!
明るく、一晩中付けっ放しでも平気。
いつもより大きめサイズで!
ハンカチ、タオル等に最適な柔軟剤
こんなに勇気や元気をもらえる作品とは!!
これが母子手帳だったらいいのに・・・
金具が若干痛い
サロネーゼの生徒経験はありますが・・・
Will work great but needs tuning.
バウンドテニスのボレー用に購入
チャイナクオリティー
戻る