レイテ戦での日本軍の善戦、地中海をめぐる独伊英三国の戦い、ノモンハン戦を生き残った方のインタビュは驚愕の内容
第一特集は、
日本海軍の軍備計画。
対米戦を想定し、
どのような構想の下、
艦艇や航空機群を整備していったのか。

当時の日本の工業力では正規空母1隻を竣工させるだけで4、
5年越しであり、
開戦後の消耗戦の中では計画はとたんに破綻していく・・・。

戦争がなかった場合に海軍が目指していた構想なども伺い知れて非常に興味深かった。


第二特集は地中海における航空戦を描く。

クレタ島やマルタ島を巡る戦い、
ドイツ軍によるバルカン侵攻など戦略レベルでのテーマから、
開戦当初は複葉機を主力とした戦いの様相など、
太平洋戦線での海空の戦いとはまた異なる様相を示していた地中海戦域の推移が詳細に描かれている。
目新しくておもしろく読めた。


本号でもっとも新鮮だったのは、
カラーページの、
太平洋戦争末期のフィリピン、
レイテ島におけるリモン峠を巡る戦いを描いた記事。

満州から到着した関東軍の精鋭第一師団と、
大挙して上陸した米陸軍との遭遇戦はわずかの期間ながら拮抗状態が続いたという。
レイテ戦というと、
大岡昇平の「野火」で描かれた敗残の暗いイメージや、
難解な「レイテ戦記」が想起されるが、
初期の頃は限られた兵装や不十分な支援の中でも善戦していたことがわかった。


最後に、
戦場経験者のインタビュはかなり驚いた内容であった。
なんとノモンハン戦に参加したという方のもの。
内容も当時の関東軍の心持ちや対中国または対ソ連へのスタンスが伺えて非常に興味深かった。
歴史群像 2015年 10 月号 [雑誌]

その他の感想

がっかり品
シミあり
副題は要らなかった
今、読むなら悪くないと思います。
50のアドバイスが具体的でよかったです
便利なキット
何膳めかで・・・
アップテンポで聞いていて心地よいOPソング
程よい難しさと問題の多さが良い
安いです。
サイズ、デザイン非常にきにいりました。
マニアックなチョイスは上級者向け
この本のターゲットは誰なのか?
ソフィがすごくきれい
電源が別途いるんですね
出題パターンを網羅
相当スリム
きつめ
素敵なマスクでした!
ミッキー大好き
とにかくAWSとはなんぞや?というインフラエンジニアに、おおまかに概要を理解するための本です。
じわりじわり
そうだったのか、そうでよかった。
4巻で化けるか
扇ちゃんの魅力が詰まったフィギュア
いつも教育シューズ
明快簡潔
不思議だけど効果があります
使わないよりは使った方がマシでした
まだまだ
戻る