出直してきます(^^;
元は O’reilly の本ですが、
O’reilly Japan からではなく、
オーム社からの翻訳本です。

OpenSSL は、
コマンドライン・ツールの側面と、
プログラミング・ライブラリの両方の側面をもっていますが、
ライブラリの部分に関して、
これだけ詳しく記述されている日本語の書籍は無いでしょう。

逆に、
プログラミングに関する部分で多くのページを割いている分、
SSL/TLS に関する知識は必須です。
本の中でも、
参考書として引き合いに出されている「マスタリングTCP/IP SSL/TLS編」(オーム社)などで、
きちっと理解していないと、
読み進めるのは難しいでしょう。
そういった部分(SSL/TLS の仕組み)に関して、
図解しているようなことはありません。

元の本がちょっと古い(OpenSSL 0.9.7 が登場した頃)点は少々気になりますが(訳注でフォローはされています)、
それでも、
OpenSSL に関して、
ここまで解説されている本はありませんし、
大変、
貴重な本です。

ただ、
個人的にはちょっと難しかったので、
SSL/TLS をもう一度きちっと勉強してから出直したいと思います。
OpenSSL―暗号・PKI・SSL/TLSライブラリの詳細―

その他の感想

良かったです!ですが…
昔は硬い樫の木製だった
自分でも欲しいです!!
アラサーマミさんとおりこマギカ目当てで
丁寧なお仕事!
傷だらけでした
コスパ高し。と思ったが、、、( ˘•ω•˘ )
孫が喜んでいます。
復習用としては使えます
購入後の連絡
硬質樹脂製で軽い。
曲、演奏、録音すべて最高!
谷垣法務大臣は今こそ指揮権を発動すべきである
少々見にくいけど、一応チェックする価値はあり。
「ある読者の考察」として読む本
とても気に入ったビーサン
弾くだけでなくコードの理論を勉強するよい本
「へえ〜」の連発
古代ローマ史の入門書としては大変お勧めの一冊です。
便利なツイン液晶だがメモリーを多用していた人は注意
とても気に入ったので評価5です。
値段相応なのかなと
いやー、ビックリ。面白すぎる。。。
後のアフリカ独立の正当性と苦難の道を思わせる
浮気が本気に・・・
統合的な人間科学とはこのようなものなんでしょうね。
ファンなら黙って買えば良いっしょ。
暖かそうです
大型本だからできた粘菌の引き延ばし写真にびっくり!
三年間使用中
戻る