日本におけるサティ浸透の最高の功労者
エリック・サティ(1866~1925)が現在のようにコマーシャルにまで多く用いられ、
生活に浸透して行った『演奏者』としての最高の功労者はと言えば日本ではあまり評価が高いとは思われないアルド・チッコリーニだろうし、
日本における最大の功労者は間違いなく高橋悠治・アキ兄妹だろう。


1980 年2月、
ニューヨーク州立大学バッファロー校に付属していたセンター・オブ・ザ・クリエイティブ・アンド・パフォーミング・アーツ(創造的演奏芸術センター)のメンバーであった高橋アキは、
このセンターのディレクターであった作曲家モートン・フェルドマンからそこでのリサイタルにメシアン・クセナキスの曲とともにサティの『5つのノクチュルヌ』を所望された。
高橋アキは、
渋谷にあったジャンジャンで足掛け3年間『エリック・サティ連続演奏会』を行っていてほとんど全曲を日本でおそらく初めて知らしめていたのだ。
時にジョン・ケージが大きくエリック・サティに傾倒していて、
ケージと30年来の友人であったフェルドマンがサティ*ケージ*高橋アキの3つを繋いだと考えられる。


その時兄高橋悠治はサティの音楽をより、
音楽論的に作品分析を行っている。

例えば最も有名なサティの曲『ジムノペディ第3番』は、
メロディーをMとし、
前奏・間奏・後奏をLとして小節数を数えると次のような図式になる。

L4M9M7M7/L3M10/L2__M6M7/L5
かくて主旋律から伴奏和音が予想できず、
あらゆる虚飾の剥ぎ取られた純な音が抽出され、
音楽が生成されていく。


美しいサティの音楽がサロンに埋もれることなく、
全曲を漏れなく今この耳に聴けると言う奇跡を起こした人、
それが高橋悠治とアキだ。
サティ:ピアノ作品集(2)

その他の感想

わかりやすい朗読です。
うまく使えない
祖母が1週間くらいで終わってしまいました。
超おもしろい
小5の娘用
写真が大きめで良いのですが…
白内症、手術後眼球保護のために購入した。
食べ過ぎ注意
こんな便利な物が欲しかったです。
こちらの方が安心。
猫っ毛くせっ毛にオススメとあったので
コンパクトで便利な最新資料集
不思議なシート♪
針はとがっていない
古いゲームだから・・・
かなり御世話になっています。
2GBなので基本的にメモリの拡張が要るかなぁ…
餅は餅屋。
同社のかかとくんよりこっちがいいです。
ドラマー必須
散歩にも旅行にも
説明分
本当に節電タップ
級ごとにできないの?
普通にいい商品だと思います
最高のB級映画です!
筋肉信仰から抜け出し、体幹(体移動)を使う。
1本買うならこれ!
早いものでもう6冊目
日本人、このか弱きもの
戻る