「雪国」の記憶
17歳のとき、
この小説を読んでいたら、
置屋に勤める母からお前に芸者のことなどわかるかと言われたのだが、
日本人の情緒にぴったり寄り添っているこの小説には美しさを通り越して戦慄さえ感じたのだった。

山里の少女が歌う手まり歌。
静かに死んでゆく虫たち。
雪景色と鉄道。
温泉町。
そして献身と生活を一身に背負っている女。

確かに僕には男女の愛欲のことなどわからなかったが、
日本人の原風景を見せ付けられるようだった。

登場人物の心も、
物語りも、
背景の自然も、
日本でしかありえないようなリアルさを持ちながら、
現実と夢幻の狭間に横たわっている。

日本といっても広いから、
それこそ雪国でしかありえないリアルさというべきか。
僕は越後の隣国の育ちである。

言わせてもらえば、
この小説は深いけれど同時にあまりにもあざとい。
つまり、
美をかもし出すに都合がよすぎる。

物語が唐突に終わるのは、
そのあざとさに収拾が付かなくなる手前に来たからではないだろうか。

こういうことを言っていいのかどうかは、
文学者ではない私にはわからないが。
雪国 (ホーム社漫画文庫) (MANGA BUNGOシリーズ)

その他の感想

色がかわいいし、使いやすくて気に入りました。
仕舞い寸法はすばらしく、40cm弱になります。
宮部みゆきの意外な作品!
父の為にプレゼント
可愛いい
大変シンプルで軽量、静音
役立ちまくりです
商品は良いのに
言葉捜し
縫製は雑で耐久性はそれなり。消耗品としてなら。
サイズ小さすぎ
絢香最高♪
タイムセールで安かったので購入してみましたが、、、
Extraordinary and exceptional
5Xと悩みましたが
まさにキッチンで!
29cm
いいにはイイのだが
1冊にまとめて出して欲しかった
ふっくら、しっとりに出来ました。
とっても面白い!
もっと響が可愛くなる一枚
雑味のない美味しいゴマ油
この著作を読んだきっかけは、中華料理店の湯のみに書かれていた「蘭亭序」である
高枝バサミより気楽に葉っぱをカット出来ております。
本当の大人って、こういうことだ。
PS3版が酷かったのでこっちも購入
明るくてとても良いです
ロスインディオス・ベスト
なんとも気休めの中途半端なポートフォリオですね。
戻る