毎日が撮影日
LUMIXはGF3を使っていました。
更に小さくて感度やAF速度が改良されたGM1は登場した時から狙っていました。
写真はカメラがないと撮れないので、
毎日持ち歩ける小ささと軽さが大切だと思います。


寸法は知っていましたが、
実物を見てその小ささに驚きました。
レンズマウント以外の部分が薄いので数値以上に小さく感じます。
GF3も当時としては良いカメラでしたが、
2011年6月発売のGF3と2013年11月発売のGM1(このGM1Sは2014年11月発売)の僅か二年半の間の技術の進歩の凄まじさ。
GF3のISO1600よりGM1SのISO3200のほうがノイズが少ない。
AFはGF3も速かったのですが、
更に速くなり、
ほぼ一瞬でピントが合います。


背面のダイヤルもGF3では軽すぎて不用意に回ってしまいました。
露出補正が動いているのに気付かなかったことがありましたが、
このGM1Sは重めになり勝手に動いてしまうということがありません。
充電器はGF3と同じ型番ですが、
電池の厚さが薄くなっています。
そのために容量も2/3に減りました。
究極の小ささを目的にしたカメラなので、
この点はトレードオフと思います。


特筆すべきは電子水準機が内蔵されたことです。
左右の傾きだけではなく、
見上げる見下ろすの前後の傾きも表示されます。
ブログに掲載された写真を見ていると水平が出ていないものが多くあります。
本人は写真を撮った時の気持ちが強く記憶に残っているので気付きませんが、
見る人は気になります。
水準器を活用すれば垢抜けた写真が写せると思います。


サイレントモードも加わりました。
シャッター音が全くしません。
お店で許可を得て写真を撮る時、
私は多めに撮りたいのですが、
音がすると随分たくさん撮りますね等と言われます。
GM1Sだと構図を見ているのかなぐらいにしか思われません。
GF3はかなりしゃきっとしたシャッター音です。
高級感があって、
他人に貸すと良いカメラですねと言われるのですが、
音はしないのに越したことはありません。
ただし古い蛍光灯の照明などでフリッカーが出ることがります。
Panasonic ミラーレス一眼カメラ GM1S レンズキット ブルー DMC-GM1SK-A

その他の感想

"ドーリィ♪"最高!!
子供の頃の感動をもう一度
ずっと買っていた本
単なるスキル本ではなく教えるために本当に大切なことを感じさせてくれた
使い勝手が悪すぎる
常時取り付けたままで使えます
もう少し安くても良いのでは?
プリウスに使用
木炭ロータスグリル用
めちゃくちゃ良いです!
多機能です。
暗闇世界を彩る楽曲
メダロット好き(過去形に非ず)なので。
やめた方が良い
プラチナ取りました♪
意外に古くない
収納便利なT-FALセット。フライパンはちょっと重いタイプ
取り付けスクリューが弱い
袖が楽ちん
足にフィット
こういう本が欲しかった
百均の商品との違いは?
お試し中
この手のロングコートは一枚持っていると絶対便利!
いいシルエットですが細見でサイズも小さめでした。
cb400sfに付けました。
足が痛くない
ニシンのパイ
MSのOfficeはもういらない
優しい使い心地、良いですね。
戻る