食材を生産者の側から見てみる。
牡蠣が大好きで、
業界関係者ではないのですが、
好奇心に駆られて本誌を買いました。

牡蠣はホタテ貝の殻を海中に垂らして置けば自然に稚貝が着いて大きくなるものと思っていました。
しかし、
今や稚貝を生産する時代になっていました。

Rの付く月に食べるものから、
三倍体牡蠣の養殖によって一年中食べられるようになっています。
また、
隠岐の島での岩牡蠣の養殖も旬の幅を広げてくれます。

自分の大好きな食材がどうやって生産さてているのか、
生産方法が今後どんなふ
うに変わっていくのか、
とても楽しく読みました。
これからも、
定期購読はしませんが、
興味のある食材が特集されている号を買いたいと思います。
養殖ビジネス 2015年 09 月号 [雑誌]

その他の感想

家には最高の品でした♪
内容が薄い!
耐水性なし
日本では受け入れにくい?…のでは
本当に別の世界を見ているよう、そのような気持ちになる。
せっかくの大判だが、細かいところにはちょっと・・・
ややチープ
最高の焼酎
商品説明はキッチリ読まないとだめね
もう一度基本を学習するために購入
商品名:「・・・中性脂肪酸・・・」は大間違いですよ!!
よくできた伝記
色ムラ
ギミックは理想的! すこしグラつくのが残念
使えますね(o^^o)
揚げ物で使っています
コレを使うと安心ですよ!
特典小説が楽しみです
冷徹な目、鋭い舌鋒、深い愛情
小宮式 思考法!?占い師とコンサルタントの違いとは??
懲罰房で鍛えられるジョリーン
万能ダウンジャケットだが、本格派ではない。
ミニ四駆用に購入。
ここでは二度と購入しません
内容は薄めだが政治経済司法の英語表現、在日外国人の方の日本システム勉強に
もう少し自由度が欲しい
ねっとり
アルゴリズムって何?
軽い気持ちで接すれば楽しめます。
広い範囲を具体的に、
戻る