★精神医学と精神科医を身近に感じる一冊★
 まずこの本は、
精神医学を語っているのに非常に読みやすい。
6名の著者はそれぞれ高名な精神科医なのだが、
その語り口はとても文学的であり、
哲学的でもある。

 そもそも『音楽』の趣味を語ることは自室の本棚を見せるようなもので、
その人の人となりがわかってしまう。
この医師達にもナイーブだった思春期があり、
そして今でも精神的に葛藤の日々なのであろうことを垣間見ることができる。
学識のある大人の男達の中に残る『少年』の部分が、
女の私にはかわいいとさえ思えるのである。

 この本の功績は、
精神科医が『音楽』について熱く語ることをとおして、
医師も患者も同じ人間なのだということがよくわかるところにあると思う。
読後、
自分の『こだわりの音楽』を久しぶりに聴いてみたくなる、
そんな一冊である。
ポップスで精神医学 大衆音楽を“診る"ための18の断章

その他の感想

サンローランとベルジュのミュージアム
透明な感性への憧憬
一目でわかるWord2013
子供はとても気に入っています。
問題数が豊富で、かなり楽しめそうです。
ダウンロードはUplayがおススメ
ピアノ弾けない私には目から鱗
憧れ
もう少しジョイントの強度が欲しい
マルチに使えて、コストパフォーマンスに優れてます!
妊娠=必ず安全ではない
粘りがあるごはん
安く買えて満足
デザインが決めて
何冊かもってますが、、、
デロリアン!
ミョ〜な絶滅生物大百科を持ってる人は注意!
丁寧な文章で読みやすい
効果が出ました。
アウトドア、ソーラー発電で
羊リュック入っていませんでした
愛人コレクター
PCに高い防振効果を発揮
ノートPC 2台の拡張切り替えで使用
交換には必要
いいね~
デザイン良く、質感もまあまあ良いと思います。
『英雄の詩』
想像通りにしっかりした作りです
あるがままの私を愛せるようになる本
戻る