写真も文章もぎっしりの、彼女についてたくさん知ることのできる本です
 2015年8月にアイドルグループ・AKB48を卒業した、
川栄李奈さんのフォト&エッセイ集です。


 本文は約130ページ。

 そのうち約70ページが写真、
約50ページがエッセイ。

 残りが序文やスタッフクレジット等の、
非常にシンプルな一冊になっています。


 写真は、
ナチュラルでかわいらしい雰囲気が主です。

 海に入ったり、
街を歩いたり。

 食事をしたり、
部屋でくつろぐ様子などが撮影され、
TVでおなじみの元気で明るい表情から、
台本を読む真剣な表情、
強い瞳の大人っぽい表情まで、
様々な彼女の姿を見ることができます。

 服装もAKB時代からのスタイリストさんが担当されているので、
ファンには安心の内容になっています。


 エッセイは全27本が収録されており、
貴重なお話もあります。

 活発な子ども時代のエピソードや、
怒られるのが嫌でささやかなズルをした学生時代のエピソードは可愛らしく、
ブレイクのきっかけとなったバラエティ番組で最下位になった自分を
「初めて出てきた知らないバカ」
 と語る姿には、
思わず笑ってしまいます。


 一方で「タイムマシーンはいらない」と言い、
在籍時の過酷な経験も「ある一言」で受け止めてしまう強さには感銘を受け、
ますますファンになりました。

 並行して女優としての活動を決めた経緯も丁寧に描かれており、
読み進めるほどに、
もっと応援したい気持ちが強くなりました。


 AKBメンバーについては、
渡辺麻友さんと高橋みなみさんについて話す項があり、
横山由依さんと入山杏奈さんの話も少しだけ登場します。

 グループについてやメンバーとの関係についての内容も多く、
現在も続く良い関係を垣間見ることができます。


 文中から伺い知れる、
彼女の「ダメな部分は飾らずに話し、
すてきな部分は決して誇示しない姿勢」は格好よく、
とても魅力的です。

 川栄さんに関心あるすべての方に手に取っていただきたい、
写真も文章もぎっしりの、
彼女についてたくさん知ることのできる本です。
川栄李奈ファーストフォト&エッセイ『これから』

その他の感想

普通の印刷では問題なし。
いままでがひどかった
復活の呪文で泣かされた…。
便利です(^^)
Emuより大きめ
愛を感じない「あるある映画」
滿足
サイズは日本人体型にピッタリですので、いつものサイズで良いと思います。
-2°の冷却効果
二個目の話がよい
両面テープ
DTCP-IP対応のDLNAサーバとクライアント機能さらに簡易NAS機能搭載なのに
微妙。。(保温時間制限ありは却って不便)
やはりMacにはATOKですね。
上品な香りです。
高さ調整
きっとスマートに仕事してる人なんだろうなぁ
【目次】アタナシウス・キルヒャー Athanasius Kircher, (1601-1680)
問題点は見当たらず☆コードの長さ(1m)と短めですよ♪
とても面白いです!
サポート体制が最悪
桃の節句
やはり国産品
リバース連動ミラーは注意
便利だったんだけど…壊れました
リボン式がどうも慣れないです。
小さい。
深い手の診かた
にゃんこに感情移入しすぎて可哀想になってきます
『良好!』『問題なし』『GOOD』
戻る