”What If"の著者が描いた、複雑な知識のシンプルな説明書
「バカげた仮定の質問に、
真面目に科学的に応えてみる」というユニークなコンセプトでベストセラーとなった"What If?"の著者、
Randall Munroeの新刊です。

今作で著者は、
副題のとおり、
「複雑な事物を、
1000語程度の簡単な英語で説明してみる」という、
また新たな個性的なテーマに取り組んでいます。


その仕組みを説明するのが難しく、
また細部にそれぞれ固有の名前が与えられているがために、
学校の授業で習ってもうんざりとしてしまうような、

われわれの身近な事物に対し、
著者は幼稚園生でもわかりそうな、
簡潔で、
かつ、
ユーモラスな新しい名前を与え、
簡単な説明を加えます。

(たとえば、
細胞や人体の諸器官は"○○ bag"であり、
乗り物はすべて ○○boatである、
といった調子に)

そうやって"Explain"されるものは、
人体、
生物・生態系の仕組み、
自動車のエンジンや洗濯機、
コンピュータの仕組み、
宇宙船の仕組みなど、
著者が得意な科学的・技術的な事物にとどまらず、
中にはアメリカ合衆国憲法と、
その修正条項を同様に説明したものもあります。


大人が読んでも、
自分が知っていることに対しては、
そういったと簡略化された説明から、
何のことを言っているのか、
クイズのように類推して楽しむことができますし、
知らないことに対しては、
子供のように知識を新たにすることができます。


ページにすれば60Pにも満たないイラストがメインの本であり、
がっつりと読み込むような本ではありませんが、
絵本のように眺めるには楽しい本です。

また、
同じ理由で、
電子書籍で読む場合には大きめの画面で読むことをおすすめします。
Thing Explainer: Complicated Stuff in Simple Words

その他の感想

他の製品より
留め金がなく一体型でいい
2作同時発売。全曲ダウンチューニング。
申し分ありません
ふみ心地いいですね
子どもも大人もぜひみてほしい
素早い対応ありがとうございました!
使いにくい…というか、役に立ちません
不親切
開封が慣れれば使いやすい
大変助かる。
購入ソフトが多い2台目検討のヘビーユーザーへ
「そんな夏が大好きだった。」
よかった(≧∇≦)
完成度高いがなんか重い?
3rdでこれだとちょっと心配・・・
猫には重たいか!?
良いのですがー
前のデザインの方が・・・。
あいかわらずうまい
とりあえず新品に・・・・・
新潟県三条市の製品。
高品質で値段が良心的で素晴らしいが、値段の変動・保存方法等、課題もある
迷っている時、答えを知りたいときの「必殺カード」!
使って大正解
高性能・・・なはず
小学校でぜひ使って欲しい
ピッチンとの比較
ハードコートタイプがほしいですね。
うーんって感じ
戻る