なんだかんだ「今後の為」の必携の書
◆正史についての大発表
2014年4月にルーカスフィルムが衝撃的な発表をしました。

SWの作品世界を「正史(カノン)」と、
それとは別に存在する「レジェンズ」とに明確に区分し、

今後は「EP7」をはじめとする映画作品や小説、
コミック、
ゲームなどを「正史」に沿って展開する、
と。

数多の「拡張世界(Expanded Universe、
所謂スピンオフ)」の作品は「正史」ではないですよ~、
と。

(ただし、
別の「タイムライン」としての存在までは否定されていません。

かつてルーカスフィルムは
「映画だけでなく、
それを取り巻く作品もみ~んな正史だよ!」とのコメントを発表しました。

それを信じ(真に受け?)新たな映画に「ジェイセンとジェイナは?」「マラ・ジェイドは?」
なんて妄想していた「スピンオフ」のファンたちはこの発表に大ブーイングだったようです。

私は、
創造主であるジョージ・ルーカスがスピンオフ作品について何度も
「自分は関知していない。
読んだこともない。

と明言していたことから、
ルーカスフィルムの発言も「ビジネス上の詭弁」と割り切っていたので
この発表を聞いても「そりゃそうだろうね、
当然」とノーダメージ。

ルーカスの手を離れている以上、
今後生み出される「正史」も個人的には「スピンオフ」に思えてしまいます・・・。


◆これぞ「聖典」である。

ルーカスフィルムは本書「アルティメット・スター・ウォーズ」に書かれていることが「正史」だとしています。

具体的には「EP1~6」「クローン・ウォーズ」「反乱者たち」がそれに当ります。

黒歴史「ホリデースペシャル(これがボバ・フェットのデビュー作!)」はもちろん
ルーカス製作総指揮の「イウォークアドベンチャー」「ドロイドの大冒険」「イウォーク物語」などは
「正史」に含まれていません。
(ルーカス自身も「正史」として扱ってなかった)
映画作品を補完する位置付けとして「正史」扱いだったブリッジノベルも「レジェンズ」堕ちのようです。


◆アニメを観ていないとキツイかも
アルティメット・スター・ウォーズ (完全保存版大百科)

その他の感想

「エコナビ」と宣伝しているが実際にはエコでは無い
ケーブルの細さがかさばらなくて良い
無難だとは思います
言葉の響きが好き
1ヶ月ほど使用してみました
実用性に欠ける
短時間でランチがつくれそうです
漫画的三番勝負
授業用で購入
maiko
NAS製品としては最高です
共感できなかった
値段は高いけど、大きくてかわいい。取付も簡単
実例も豊富で読みやすいAR入門書
濃すぎました。
安くて良いのだが
ジャケ買いした一冊
かわいいだけじゃなく多機能
特殊なサイズ
特典が良いから買うだろうというのが見え見え
一方的でなくわかりやすい
チープだが少しだけエレガント
シリーズ3冊目購入にして、やっと本命が来た!!
高校生にも分かり易い空海入門書
ソーラーチャージャーはバッテリがあってこそ
5個セットで売られている一般的なティッシュとの使い分け
TOTO 11物質除去・高性能タイプ浄水カートリッジ3本入 TH658-3
なつかしさで買う1台
172cmの100kgのデブでも大丈夫
ほんと音が良いわ。
戻る