親近感が湧きます
タイトルには革命日記とありますが、
中身はそこまで過激なものではないように思います。

むしろ、
高杉晋作も普通の(?)人間だったんだ!と思えるような、
本当に日々の記録をそのまま訳してある本です。


私は、
むしろこの本を読んで、
高杉晋作という人を身近に感じ、
より好きになりました。

脚色された英雄よりも、
かつて実際に日本に生きていた若者だったと実感できます。


高杉晋作ファンは、
迷わず読んでみるべきです。
高杉晋作の「革命日記」 (朝日新書)

その他の感想

夫婦でファンです。
ジャックがorz
やすらぎを与えてくれる料理ばかり!
いいけど小さめ
デザインは可愛いけど・・・
ファンの心と繋がるマンガ。
使い方簡単だが・・・
薬学関係者じゃなくても
シンプルで気に入りました
発色が綺麗で、子供の乱暴な扱いに耐える丈夫な色鉛筆。
とても深いのに、読みやすい
ユメ子
重要なことが後半に載っている!
正確に知らせて欲しい
Highly recommended Sci-Fi Novel
刃物の研ぎ具合の確認に
柏木さん!?
1950年代アメリカの光と闇をえぐる“大河小説”
背伸ばし体操 新刊楽しみでした
小学生男子に。
価格が…
火がつきやすく消えることもなかった。
変装した天使
著者の有能さであればどんな世界でも成功を収められそうな気がします。
これは又ビックリ
手頃な電動ドライバー
JWordプラグインをインストールさせようとします
サイズ感大事
睡眠とりたい人には効きます
100点では無い
戻る