CDのつくりが惜しい!
 日常英語表現を602も集めた、
なかなか「食い出のある」一冊です。


 Not my cup of tea.(僕の趣味じゃない)、
You asked for it. (自業自得だ)、
Tell me about it!(とっくに知っているよ)といった具合に個々の単語の意味は分かっても文全体の意味は日本人にはすぐには了解できないという慣用表現が数多く取り上げられています。
ハリウッド映画やアメリカのTVシリーズを見ていると頻繁に出てくる表現が多いので、
字幕なしで物語を楽しみたいという向きにはとても勉強になるでしょう。


 工夫が見られるのは、
各フレーズの使用頻度を★の数で、
そしてそれぞれが「くだけた表現」なのか「あらたまった表現」なのか、
その「節度」の高低も逐一示してある点です。
会話の相手が友人の時にしか使わないほうが無難かどうかを丁寧に記しているので、
実際に使ってみるときの参考になります。


 付属のCDには注文があります。
北米出身の女性がひとりで602のフレーズをひたすら読み上げていますが、
そのフレーズがどういう場面で使われるのか、
ダイアローグ形式で吹き込んだほうがよかったと思います。
実際にフレーズの用法として短いダイアローグ例文がテキストには掲載されているのですから、
あとはそれを吹き込むだけでよかったのに。
その点が惜しまれます。


 なお、
「辞書には出ていない」というのはちょっと言い過ぎです。
中型の英和辞典にも載っている表現が大半だと思います。
日本人になじみがないのは辞書に載っていないからではなくて、
教科書に載っていないからでしょう。
「学校では教えてくれないアメリカ英語フレーズ」としたほうが本書の内容を正確に伝えたと思います。
バーダマン教授の辞書には出ていないアメリカ英語フレーズBOOK (アスカカルチャー)

その他の感想

品物は最高!梱包が残念すぎました…
まだまだ、吹き慣らしていませんが・・・
誠実な研究、教育への想い
腸に大切さ
楽しい映画
はっはっはっ!-2℃ってすごいなぁ~!!
生き残るとはいえ商売人が書いた本という感じ
女性が読んでもいい。というか読んだほうがいい。
光っております〜!
脚注が秀逸
機能は充分・・・・・・でも。
戦争はまた繰り返されてもおかしくない。
やや取れやすい?
3種類の味&ジャストサイズはいいんだけど、12本はすぐ飲んじゃうわ
将来を夢見て!
見た目が気に入ったなら「買い」
純正品の良さ
動きに難あり。
火事の危険あり
アイカツ1年目の集大成
現代によみがえる神々のぬくもり
わかる使える本
安いなりです。
1週間ちょっと使ってみました
オーソドックスでスタンダード
電子ブックの妙味ここにあり
ブルーレイは、いいですね
完成度高し
2つのストラップを探している人にはおすすめ
自然を大切にしているアズマさんの生き方が満載の本
戻る