大人も楽しめる爽やかなジュブナイル
転車のヒルクライム大会の1日の中で、
競技としての出来事以外にいろいろなドラ
マがあった。
反抗期の子供と親、
親の夢を継いでいる息子、
出走者にほのかな憧れを
抱くボランティアの高校生など、
主人公を換えながら一つの作品となっている。

さわやかな小説。

ジュブナイルながら大人も十分楽しめる。

自転車に興味を持つ人、
中学生くらいの子供がいる人にもぜひ読んでほしい。

お薦めです。

この題材となった赤城ヒルクライム大会に参加したことがあるが、
小説の中に出てく
る場面がどのあたりなのか目に浮かぶようで面白みが増す。
風のヒルクライム ぼくらの自転車ロードレース (物語の王国Ⅱ)

その他の感想

可愛いケース
やはり桑田さんはやってくれた!!
娘にお願いされて購入
5本指ソックスでは最高のつくりだと思う
これからの生活に自信が持てそうです。
裏側
せっかく「白の成型色」が有るのに・・・。
成型色のままではちょっと…
孫正義氏は、本当に「実業家」なのか?皮肉なことに、巻末のソフトバンク社外取締役も務める柳井氏のインタビューに、その答が隠されている本でした。
クリ吸引には最適なサイズ!!
punk
満足してもらえそう。
アメリカが眩しく見える
システム手帳に改造
扱いやすい長さです
マクロで狙うべきところが分かる!
ぬいぐるみとしてもかわいい!
多少違った視点からですが
生地が薄っぺらい。
素敵な絵です。
軽くて、かわいい
チンチラ用に
reduxもありますヨ
アダルト雰囲気の U.K.バンド
悪くは無いが、…
見やすいと思います。
ちょっと小さ目です
小学生には、難しい内容。
おススメできます!編集追記しました。
これは良いさやか
戻る