主流派経済学弾劾の書
本書は、
「効率的市場仮説」で代表される原題の主流派経済学が、
現実経済からかけ離れた机上の空論であり、
そのために「世界金融危機」を予測できなかったのみならず、
この危機をまねく要因ともなったとして強く批判する好著です。
さらに、
このフリードマンやルーカスの主張は、
とにかくインフレにならないようにすることだけが肝要であるとし、
その結果、
緊縮財政やワシントン・コンセンサスなどの誤った政策を導く「害毒」となったと非難しています。
これらの指摘は十分説得力があり、
現今の経済問題・経済政策に関心のある人にお薦めします。
世界を破綻させた経済学者たち:許されざる七つの大罪

その他の感想

自邸よりも
マーケティング・プランナーが書いたアウトプット志向のウェブ時代の「知的生産の技術」
過去問が終わったらこの本ですね。
A great book for a starter class in SLA or SL Learning
なかなk良さそうです
読みにくい…
非常にわかりやすい良本です。
デバイスとして正統進化。今年一番のオススメです。
ヘタリアキャラと世界史のお勉強
これで無料は有り難いです。
確率3分の1
サブスクリプション
好きなアロマを、運転しながら何度も楽しめる!!
話題のイノコロジーを理解できる。
この本について。
内容の難易度が中途半端
海外グッズ
「人違い+トラブル」内田けんじ流に実力派俳優を入れた力の入った作品。最後のキュイーンがたまらなく爽快!
思い通り!
ある意味厳しい内容
南極探検隊が選んだだけのことはある!
ひとりでも、とてもよく遊んでくれます!
幸せの在り方って人それぞれ
希有な深みを持つ精神と卓越した技術を通して出て来た音が、文句無しに聴く者の心を揺さぶる。
新訳はいいですね
コスパ最高。リピートしています!
ヘビロテしてます
DCモデルとのトータルコスト比較検証
進化する水野理論に好感
数少ない日本語のNode本
戻る