日本現代史の一側面
日本共産党の誕生から戦後までの通史を描くノンフィクション。


インテリ層や学生が中心となり、
ついに多数民衆の支持を得られなかった共産党は、
日本に共産主義革命を起こすことはできませんでした。


戦後、
宮本顕治委員長のもとで、
共産党は革命集団でなく一政党となる方針転換をおこないました。
しかし、
宮本氏自身が関わったとされる「リンチ共産党事件」など、
安易に支持できない材料も転がっています。
立花氏に対する取材妨害や、
「リンチ共産党事件」に関する論争からも、
「共産党は本当に変わったのか?」という疑問がまだ解消されたものでないことがわかります。
日本共産党の研究(三) (講談社文庫)

その他の感想

ちょっと北欧にハマッてます。
この値段ならOKでしょう
普通に楽しかった
Mozuなんかより遥かに面白い!
気持ち…
超訳『典座教訓』−禅は,食と云う日常生活にある−
便秘、疾患予防のために。
人はいかに自由に生きられるか
お手軽ワンタン
それはかなり良いです
ガチ勢にもオススメ
アニメ見過ぎてセリフが脳内でアニメ声に変換されるのって良いですね
Blu-ray最高に綺麗
ほどよい油がこぼれ。しっかり焼ける鍋
「フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン」の続編。不気味な雰囲気は前作以上の大人向け怪獣映画
知らない人向きでしょうが
スマートな投資方法であることは間違いなし!
番組制作って大変。
本当に初めの一歩です
イケる〜!!
最高品(自分の中では)
期待しないように
暮れゆく日産スタジアム(横浜)は、思い出の光景として、ファンの間で語り継がれるだろう
せっかくのソフトを眠らせずにすみました!
講義と対談を通しながら認知言語学の世界へ誘う
シンプル、明るい
聞きたい曲がいっぱいはいっている
軽くて使いかつてが良い
ほんの初めの入門書かな・・・
機動性で選ぶならこれ。
戻る