また、会う日まで・・・
坂崎ふれでぃ氏らのコラムによると、
駆逐艦は本来「軍艦」ではないのだという。
あくまでも「軍艦」を補助する「艦艇」であると。

しかしながら、
史実においても「華の二水戦」や駆逐艦のみの編成で、
本来打撃力においてくらべものにならない重巡洋艦等に対して、
大打撃をあたえた例はいくらもあるとか。

さて、
築地版「陽炎、
抜錨します!」シリーズは、
いまさら言うまでもなく擬人化された「駆逐艦」物語です。
「戦艦」物語でも「空母」物語でもなく。

主人公陽炎は本来欠番であった第十四駆逐隊の嚮導に突然任じられ、
悪戦苦闘の日々を送ることになります。
メンバーは、
陽炎自身、
敗残兵の寄せあつめと思いもした、
問題児ばかり。

手のつけられないひねくれもの(実は過去のトラウマに苛まれ、
自分で自分を押しつぶしかけている)。
強情屋(自身の能力のなさの反動から、
居丈高な言動行動に走ってしまう)。
また、
コミュニケーション能力の欠如から、
前者と共依存の関係に逃げ込んでいるもの・・・。

(ここでチョイスされた艦娘たち。
そこにも築地氏の非凡さが垣間見えている。
一部、
コアな人気を得ーー支持されている者をのぞけば。
どちらかといえば地味、
とぼしい個性。
あるいはとっつきにくいキャラクターをあえて配置している)
そんな連中のなかに文字通り体一つで飛び込んだ陽炎は、
様々な紆余曲折・七転八倒の末。
仲間たちとの信頼関係を得、
その資質を開花させ、
もっとも深刻な傷を負ったひねくれものーー曙すら、
その傷を癒し心を開かせてゆく・・・。
第一巻の読了後の爽快感は、
王道ゆえの成長譚であり、
珠玉としかいいようがない。

そうして。

スラップスティックなドタバタをまじえて始まった物語は、
今、
驚くべき成長をはたした仲間たちが巣立ち、
それぞれが指導的立場となって各地に旅立ってゆく静かなーーあまりにも静かなラストを迎えます。

・・・築地版では、
艦娘の秘密や、
敵である深海棲艦の発生原因や正体に関しては、
時折ほのめかす部分はあっても、
あえて掘り下げられない。

強敵を斃し、
第十四駆逐隊が解散しても、
戦いはおわらない。
ただ、
一つの「駆逐艦物語」に区切りがついただけなのだ。
特装版 艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! 7 (ファミ通文庫)

その他の感想

要領よくクリアするために
超お得!
料理べたでも家にある調味料でおいしくできる‼
のりをプラスするとエグミも消え美味しくなる
信頼の老舗ブランド
非常に不便
とりあえずこれ一冊で良し
中々無い商品です。
ちょい感動!
GIANT R3.1用に買いました。
薄くてコンパクト
組み立て注意!!
喜んで遊んでます!しかし…
内容は素晴らしいのに翻訳がダメ!
メンタルモデル「ヒュウガ」や「タカオ」のキャラも本当に面白くて良いですね。
今見ても色褪せない名作…、そして特典内容は感涙モノ!
趣味で楽しむ分には充分です
よく出来てる。
非常に良い!だが惜しい!
スムーズに入ります。
ちょっとだけ、お得?
非常に良い商品でした
何種類の作業車がある
靴はとても良くて
シンプルなのに可愛いです☆
キャンセル待ちが出るホテルの秘密!
絶妙な距離感
モコモコ泡
重いのが難ですが良い商品です。
良く食べます
戻る