マーラーと言えばバーンスタインといってよいのではないでしょうか
まず最初にこのCDはジャケットからの取り出しに気を付ける必要があります。
中に3点ほど折りたたみ式のジャケットがありますが、
折りたたんだ内側からCDを取り出すのでうまく取り出さないとCDの盤面を紙がすって傷を付けやすくなっています。
また、
傷を付けないように開きすぎるとジャケットが破けます。
ちなみに私は両方やってしまいました。
CDスローブを別に購入して使ったほうが良いようですね。


さて、
今から40年ほど前にマーラーブームというのがあった。
この時期日本ではマーラーはそれほど人気がある作曲家ではなかったと記憶しているが、

たしか「大地の歌」がブームになってウイスキーのCMでも流れたことがきっかけとなって一般にもマーラーの音楽が広がったのではないかと思うのだ。

そして、
このブームがカラヤン、
ベームが特別に人気が高かった日本のマーケットにバーンスタインが入ってくるきっかけにもなったはずだ。

(あくまでもクラシックファン層ではなく一般的な層の話として)

それまでの日本でのクラシック音楽はモーツアルト、
ベートーベンに代表されるウイーン古典派が中心であった。
その証拠にNHK交響楽団のレパートリーですらこの時期の作品が圧倒的に多く、
後に常任指揮者となったシャルル・デュトアがこの点を指摘し大きなレパートリー改革と拡大を進めたのだ。


あの小澤征爾さんが最初にマーラーを聴いたとき「これはただ事じゃない」といって、
バーンスタインのところに飛んでいったというからマーラーの認知度は当時まだ、
こんなものだったのだと思う。

当時、
小学校、
中学校でベートーベン、
ドビュッシー、
ストラヴィンスキー、
ホルストあたりを中心に聴いていた私もマーラーだけはよく理解できなかった。

一般的にもマーラーはわかりにくい音楽だったのだ。
Bernstein: Mahler Symphonies

その他の感想

お遊びようには良く出来てます。
ハートの飾り
平易です
よく削れます。
新刊号、早い入手
色も絵柄もかわいい
使い勝手が良い商品
刺激的。
日本も、「繁栄のあと」の国のあり方を、イギリスから学ぶ時がきたようだ
テニスクラブで売り切れていたサイズでした。
効果はこれからですが
色、柄ともにかわいい・・・出来ればもうワンサイズ欲しかった!!
店舗で買ったものよりクリックが硬い…?
星3.5
短パンで登山
解り易いのか、解り難いのか
浅見帆帆子さんとの違いは?
カップケーキ小さいですよ
交響曲か歌曲集か
ヒメのラップは超クール!イイダのハイトーンは超キュート!全イカタコ必聴のアルバム
詳細な
悩んで選んで大正解^_^
長さ:128mm
初期不良でしたが良い買い物でした
機能性抜群!しかし匂いがのこる…
コケて落ちるのも愛嬌www
枚数が多くても安心!
またいつか再会を願って
軍事法
英語を発信する
戻る