抗がん剤の「不都合な真実」、抗がん剤は「劇薬」か「毒薬」です
最近、
真実を訴える医者が増えました。

うれしいことです。

この本も、
そう。


以前、
ブログに書いたものも、
参考にしていただければ、
うれしいです。


ーーーーーーー

 10年くらい前に、
友人が「第二クールの抗がん剤治療に入ります」と連絡してきました。

 都内の有名大学病院にお見舞いにゆきました。

 元気でした。

 資格を取ろうと、
ベッドの隣の机にテキストが置いてありました。

 それから数日、
突然、
亡くなりました。

 抗がん剤による死亡です。


 この記憶が鮮明だったので、
「日刊ゲンダイ」に近藤誠先生が連載していた「がん相談室」38回を読み、
「そうだったのか!」とひざを叩きました。


 ◎抗がん剤が効くのは「タチの悪いがん」、
すぐ再発

 近藤先生が情報開示したのは以下の内容です。


<一般人は「抗がん剤が効く」とか「有効」と聞くと”がんが治る””延命する”と受け取るはずです。
また、
抗がん剤でがん腫瘤(しゅりゅう)が「消失」「縮小」すれば、
やはり”治る””延命する”と感じるでしょう。
しかし、
そこには誤解があります。
説明しましょう。

 私が抗がん剤は効かないと言っているのは、
「肺がん」「胃がん」「大腸がん」「前立腺がん」「乳がん」等の塊(腫瘤)をつくる「固形がん」です。

 (中略)

 そして、
(週刊誌などで報じられた)この貴重な”完全消失”ケースも、
治ることはないのです。

 というのは、
”完全消失”といっても、
がん腫瘤が検査で発見できない大きさになっただけだからです。
仮にがん腫瘤が1ミリの大きさになれば、
どんな検査でも発見不能なので、
”完全消失”と判定されます。
しかし、
その1ミリの腫瘤の中に、
100万個のがん細胞がつまっているのです。

 したがって”完全消失”のケースでも、
がん腫瘤はかならず再増大してきます。
このことはがん専門医たちの確信になっており、
そのため彼らは「抗がん剤で治る」とは決して発言しません。


(中略)
医者は自分や家族ががんになったとき、どんな治療をするのか

その他の感想

渋谷系を考える上での重要な側面
送料込みで便利です。
おばあちゃん用に購入
ヘナヘナメロン
軽キャンピングカーにぴったり
色が良いです。性能もOKかな
店舗で見つからず、こちらで購入^^
目的は裁断
限られた時間で成果を出すにはうってつけ
マンガの名場面を使って、鴻鳥先生が妊婦さんとその家族に大事なことを説明します。ドラマの解説書にもなる。
ハリウッド映画に慣れた目には地味かも知れないが
安いし消耗速度も遅い!そして効果は抜群だ!!
最初はロート製薬の商品を買うつもりでした
清潔感あっていいですね白
よっかった よかった♡
初心者向きの本ですが、料理を作る方ならこの本の良さが分かると思います
コルダシリーズの中で、一番バランスが良いと思います♪
護身術の稽古で使っています。
現地に行かずゲット出来て助かります
すっっごい食べる高校野球児達
PS4版BF4にて使用のために。。。
パズルを並べる台紙は無い
父親と息子の連結器とも言えますね。キザですいません。
繰り返される悪夢
ひきこもりについての最高の著書
スマホの放熱にも
結構な頻度でいなくなるものなので。。。
秘密のクランクベイト
初回の使用感は十分
アイスバーン必須
戻る