偉大じゃ
372ページにしてわずかに7章から成る本書は、
「びっくり!人間の限界あれこれ」というような、

キワモノを集めたものなどではなく、
極めて硬派な、
超一流の生理学分析に基づいた良書である。

「走ったらなぜ息が上がるのか」というような、
普段まったく疑問に思わない事まで丁寧に丁寧に
解説し、
あるいは「なぜ凍傷になるのか、
なったらどうすればいいのか」という、
覚えていてまず
役に立ちそうにはないけれど、
知らなくても良いかと言われれば知っておいた方が絶対良いと思
えることなどもたくさん網羅されている。

著者はなんと、
オックスフォード大の生理学部教授にして、
インシュリン分泌に関する第一人者で
あるという。
その著者がわれわれ読者のために持てる知識を総動員して、
人間あるいは生物の素晴
らしさについて書いてくれたのだなぁ、
という善意すら感じる。

NHKの『驚異の小宇宙 人体』とか、
ちょっと前にベストセラーになった「生物と無生物のあいだ」でも、

生命活動の偉大さに触れていて、
大きな感動を呼んだが、
本書はそれらと似ているようでまったく異
なる次元からアプローチしている。
それがまた面白い。
人間はどこまで耐えられるのか

その他の感想

指導者、故障者に必須の本
手頃
見たい画面をUSBメモリーで簡単に保存
洗うのがすごく楽です
実際にこの本で会社登記に成功し、経営しています
評価のしようがありません
破損してました。
one size 上がお勧め
この状差し器は最高です。
驚きの自走技術
ネトゲがやりたくなる漫画
PC版経験者です。
苦言を。
学校では教えてくれない大切なこと
適用機器のコネクタ周辺形状を良く確認して購入した方が良い
概ね良いが、気になる事もある
とりあえずは使えました。
インパクト大でした。
習近平体制は崩壊寸前
ゆらりんタワー
「なぜ?を増やせば本質にたどりつく」
Jay Rubin先生の名訳・・・・・・
可愛らしい水鉄砲
安かろう不味かろう・・・
ショルダー紐は要改善
日常に新しい見方を与えてくれる
kona わさび^^
夜でも明るく見える
完璧な構成
シカゴ学派の野望
戻る